ザック・ジャパン最終戦

ワールドカップ2014 グループC 日本 – コロンビア

クイアバ(ブラジル)2014年6月24日

JAPAN vs COLOMBIA

1 - 4

岡崎

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2014年6月24日

グループリーグ突破をかけて第3戦のコロンビア戦に臨む日本代表。

既に自力での16強進出は無い日本代表。同時刻開始の他会場ギリシャ-コートジボワール戦の結果次第ではあるが、最低限このコロンビアには勝つ必要がある。
大久保を1トップに据えボランチの1角に展開力のある青山を抜擢、今の時点での最強メンバーをスタメンに送り出した日本代表とは対照的に、コロンビアは前戦のスタメンから8人を入れ替えるという余裕。

攻めるしかない日本が主導権を握る形でゲームを進める。
青山、長谷部からのタテへのパスが多く、攻めの推進力は今大会随一。前線では相変わらずキレの良い動きを見せる大久保を中心に積極的に仕掛け、ファウルからのFKを獲得するなどチャンスを演出している。
しかしコロンビアはピンチにも冷静に対処。したたかにゲームを進める。
FKやCKのセットプレー、シュート数で日本が圧倒する中、コロンビア最初のシュートは今野がペナルティエリア内で犯したファウルからのPK。
これが決まり、0-1。
攻めに打って出る以上、1点2点は想定内だろう。
特に動揺を見せない日本は変わらず攻めの姿勢を見せる。
前半アディショナルタイムに本田のパスに岡崎がコロンビアDFともつれながらヘッドで合わせるとこれがコロンビア・ゴールに突き刺さり1-1のタイに。
日本は先制されながらも、良い形でなんとか前半を終えた。

他会場でギリシャが1-0でリードとの報が入る中、後半に入るとコロンビアが先に動く。
エースのハメス・ロドリゲスなど選手交代で2人をピッチに送り出す一方、日本は前2戦で見せた 長谷部から遠藤へのスイッチは無し。

ある程度日本にボールを持たせつつ、一旦ボールを奪うと躍動感ある攻撃を繰り出すコロンビア。
攻撃に前のめりになる日本は、徐々に守備に回った際のポジショニンングにズレが生じ始める。
そこを逃さないコロンビア。
アタッカーたちはたとえ1対2と数的不利でも慌てずに仕掛ける自信と冷静さを持っている。
日本の場合だと、横パスに逃げるか良くても冷静さを欠いた工夫の無い特攻ドリブルやダメ元シュートで終わるのが関の山だ。

1点、2点、3点とボディブローのように追加点を重ねるコロンビア。
有効な打開策や選手タイプのバリエーションに乏しい日本は、香川OUT⇒清武IN、岡崎OUT⇒柿谷INとカードを切るも、選手がフレッシュになった以外で特筆できる変化を見せることができない。青山に代えて山口を入れたのも意図が良く解らない。

そしてこれといった見せ場も無くゲーム終了。
3戦全勝のコロンビアがグループCをトップ通過。もう1枚の切符は、一度は追いつかれながら終盤に決勝点を挙げたギリシャが掴んだ。

戦術の幅を広げられなかったザックの4年間

2011年初頭のアジアカップ制覇を実質的なスタートとし、攻撃的なスタイルを追求してきたこの4年間。
コンフェデでイタリアを慌てさせたり、親善試合でオランダやベルギー相手に善戦するなど、局地的に攻撃的なスタイルを見せることもあったが、アジア予選でアジアのチーム相手に勝ったり負けたりするのが結局はこのチームの実力。
攻撃的なスタイルも数人の主力を中心とした連動あっての話で、チーム全体としての戦い方というものが、漠然としたポゼッション以外に見出すことができなかった。
守備的なサッカーを展開した南アフリカ大会の反省からか、特に攻撃について語られることの多かったこの4年間ではあるが、攻守が表裏一体のサッカーというゲームにおいて、攻守どちらかにウェイトが偏ることはあってはならない。
攻撃についてもポゼッションからパスで崩す遅攻に固執し、それ以外のオプションを何一つ持てなかったことが最終的に致命傷となった。
ザッケローニの代名詞とも言える攻撃的な3バックや選手たちに意思統一が見られなかったハーフナーを使ってのパワープレーなど、何度が試して結局頓挫した戦術以外にも高い位置での組織的な守備からのショートカウンターや絶対に守りきる場合のベタ引き布陣など、様々な状況を想定した戦術オプションを確立すべきだった。
今大会ではオランダが伝統の4-3-3をかなぐり捨てて5バックからのカウンターでスペインを5-1で葬るといった例もあるように、いかに強豪国であろうとも戦術の幅無くして勝つことができないのがサッカ-でありトーナメントなのだ。

日本協会が今大会をどう総括し監督人事をどうするか不明だが、時期監督には次のことを望みたい。

1. 様々な状況に対応できる戦術の確立・選手起用ができる
2. ワールドカップ本大会で16強以上の指揮経験がある 
3. 上昇志向で時にはメディアやファン、選手との衝突も辞さない強固なリーダーシップ

1と2はザッケローニが露呈した戦術・采配面での限界を超えることを、3は雑音にめげる事無く意思を貫き通すキャラクターを期待している。
ザッケローニは日本食や日本文化に理解を示すなど親日家として振る舞ううちに、いつしか彼自身が日本ナイズされてしまったのではないだろうか。
何事にもグレーないわゆる日本的な「なあなあ」の文化に染まってしまい、牙を失ってしまったのでは。

ペケルマンとかファンハールが今更ランクを落として日本を指揮することにモチベーションを感じるはずも無いだろうから難しいとは思うが。

ワールドカップ2014ブラジル大会グループC 順位表(最終)

TEAMS 試合 得点 失点 Pts
COLOMBIA 3 3 0 0 9 2 +7 9
GREECE 3 1 1 1 2 4 -2 4
CÔTE D’IVOIRE 3 1 0 2 4 5 -1 3
JAPAN 3 0 1 2 2 6 -4 1
  • 格下相手に快勝
    大阪(日本) 2013年9月6日
  • ホームで難敵オマーンを撃破!
    日産スタジアム(横浜) 2008年6月2日
  • 韓国とドロー 東アジア選手権優勝ならず
    中国・重慶 2008年2月23日
  • 日本 ベスト8ならず 守備的戦術の限界
    プレトリア(南ア) 2010年6月29日
  • 準々決勝 オーストラリアをPK戦で退ける
    ハノイ 2007年7月21日
  • 本田が新背番号4とともに代表復帰!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年6月3日
  • ロスタイムに決勝点! アジア3次予選開幕
    埼玉スタジアム(埼玉) 2011年9月2日
  • アジアならではのアウェー戦 重慶の笛
    中国・重慶 2008年2月22日
  • またも世界最速!ワールドカップ出場決定
    タシケント(ウズベキスタン) 2009年6月6日
  • ダブルエースがアベック・ゴール
    横浜(日本) 2013年9月10日
  • 高原2発! 難敵UAEを撃破!
    ハノイ 2007年7月13日
  • 全とっかえ!東アジア杯2戦目
    華城(韓国) 2013年7月25日
  • 岡田第二次政権がスタート
    国立競技場(東京) 2008年1月26日
  • アウェーでフランスに初勝利
    パリ(フランス) 2012年10月12日
  • 激闘!アジアカップ準々決勝
    ドーハ(カタール) 2011年1月21日

日本代表 試合リスト