日本 ベスト8ならず 守備的戦術の限界

ワールドカップ2010 日本-パラグアイ

プレトリア(南ア) 2010年6月29日

JAPAN vs PARAGUAY

0 - 0  PK(3-5)

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2010年6月29日

決勝トーナメント第1戦 慎重な凡戦

ワールドカップ2010 日本-パラグアイ スタメン日本のワールドカップが終わった。

ともに初のベスト8を目指す日本とパラグアイは似たような堅守タイプのチーム同士。
序盤から引く日本に対し、ボールを保持できることで逆に戸惑うような感じも見せたパラグアイ。

ボール・ポゼッションは40対60ながらも、前線で本田が身体を張りボールをキープしたり、松井の洒落たフェイントが相手守備のズレと味方の上がる時間を創出し、良い形を作るところまでは行く日本。

後半36分から初出場となった中村憲剛も滑らかなタッチのボールキープから好パスを連発。

しかし、ゴールが奪えない・・・

パラグアイも時折鋭いカウンターを見せるもあまり人手を掛けないので迫力に欠ける。特に途中出場の18番がやっかいなヤツだった。

それでも危ないシーンは多々あったが、川島はじめDF陣が良く踏ん張った。

そして運命のPK戦に突入

お互い安全第一のまま延長を経てPK戦へ。

ワールドカップ2010 日本-パラグアイ

ワールドカップ2010 日本-パラグアイ

ワールドカップ2010 日本-パラグアイ

よく言われるようにPKはギャンブルなのでPKについてはどうこういうつもりは無い。
120分通して得点を奪えなかった事、これが全てだ。

残念。このチームをもっと見てみたかった。それと松井の華麗なダンスも・・・・

4年後、ワールドカップ2014ブラジル大会に向けて

国歌斉唱の肩組、これは伝統として受け継いでもらいたいね。
戦術も世界の強豪と戦うには今回の守備的なものしか無いのかもしれない。

ただし、今回はあまりにも急造だった。

岡田監督の2年半は一体何だったのか?

もう少し早く気づいていれば、堅守からの攻撃パターンも確立できたかも知れない。今回の攻撃は前線の3人(本田、松井、大久保)の個性に頼り過ぎだったからね。

又、コンディションの悪い選手の見極めもロスを招いた。
俊輔や内田を見切って、石川(FC東京)やサポートメンバーに甘んじた香川など、途中出場で流れを変えられる選手を選出していれば、切るカードにも困らなかったろうに。

そして再び戦術。

守備的な戦術。これは仕方ないところだろう。
後は選手の場馴れが必要かな。
選手達にはどんどんヨーロッパに渡って欲しい。
できれば、ドイツ・イングランド・スペインなど一流リーグで。
チームは弱小チームが良い。
そこで弱者のサッカーを経験してきて欲しい。
弱者が強者と戦う時、どう守れば耐えられるのか、どういった攻撃が有効なのか。
それを吸収し、代表に還元して欲しい。

後は協会のビジョンだ。

哲学を持った監督を呼んできてくれ。

  • ダブル・ファンタジスタ シフト
    オーストリア・クラーゲンフルト 2007年9月11日
  • またもバーレーン! 最終予選が開幕
    バーレーン・マナマ 2008年9月6日
  • 豪州・日本ともに消化試合モード
    クリケットグラウンド(メルボルン) 2009年6月17日
  • タイを一蹴! 最終予選進出を決める
    バンコク・タイ 2008年6月14日
  • 120分の死闘! ライバルと最高の舞台で
    ドーハ(カタール) 2011年1月25日
  • アジアの不条理 中東の笛!
    ドーハ(カタール) 2011年1月13日
  • 準々決勝 オーストラリアをPK戦で退ける
    ハノイ 2007年7月21日
  • 全とっかえ!東アジア杯2戦目
    華城(韓国) 2013年7月25日
  • 支配するも オーストラリアの壁を破れず
    横浜国際総合競技場(横浜) 2009年2月11日
  • ザック 迷える采配もワールドカップ王手!
    マスカット・オマーン 2012年11月14日
  • モチベーションの差
    平壌(北朝鮮) 2011年11月15日
  • 神様との対決
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年9月11日
  • ストライカー 岡崎覚醒 本田も代表初得点
    長居スタジアム(大阪) 2009年5月27日
  • 格下相手に快勝
    大阪(日本) 2013年9月6日
  • 低調な欧州遠征第一弾
    セルビア 2013年10月11日

日本代表 試合リスト