本田、悪魔のブレ球FKでデンマーク撃沈!

ワールドカップ2010 グループE 日本-デンマーク

ルステンブルク(南ア)  2010年6月24日

JAPAN vs DENMARK

3 - 1

得点: 本田、遠藤、岡崎

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2010年6月24日

決勝トーナメント進出を賭けた運命のグループリーグ第3戦

ワールドカップ2010 グループE 日本-デンマーク スタメン引き分けでも良い日本と勝つしかないデンマーク。
序盤はそんな状態を反映したゲームとなった。

早く強いパスをワンタッチで斜めにつないで来るデンマークに対し受けに回る日本。
粘り強く守りながら時折カウンターから長谷部が抜け出してシュートするなど、予想された押し込まれる展開からしぶとく戦っている。特にトマソンの老獪な動きを捕まえきれず危険なシーンも多い。

そんな中から前半17分。

ゴール右斜め30メートルくらいだろうか。
セットされたボールの前に仁王立ちの本田。

短い助走から・・・決めた!

ブレ球フリーキックだ!

ワールドカップ2010 グループE 日本-デンマーク 本田 ブレ球フリーキック

日本先制!

しかし1失点くらいでは動揺も焦りも見せないデンマーク。

そりゃそうだろう。
彼らは厳しいヨーロッパ予選で、競合相手に何度も先制される経験をしているだろうから。

そして前半30分。今度はゴール前ほぼ中央から遠藤のフリーキック。
本田のそれとは違ってコントロールされたショットがデンマークのゴールに突き刺さった!

ワールドカップ2010 グループE 日本-デンマーク 遠藤 フリーキック

ワールドカップ2010 グループE 日本-デンマーク

日本何と2-0でリードして前半終了。

後半、ここから3点が必要なデンマーク。10分そこそこでDFを1枚はずして190cm台の長身選手を入れてきた。
もう形振りかまわずフィジカル勝負か?
前半のような華麗なパスワークは少なくなったが、タテへの速さと力強さが上がっているようだ。

後半17分には交代枠3人目を投入して勝負をかけるデンマーク。
日本もカウンターから大久保がシュートを放ったりと、フィニッシュに持っていけている。
この積み重ねが、ディフェンスを楽にするはずだ。

後半20分過ぎからはデンマークの運動量も徐々に落ち、中盤でのプレッシャーが緩みだした。
マイボールになるとキープできる時間も多くなってきたが、日本も疲れてくる頃だ。

それにしてもデンマークの守備が緩い。
後半27分には左からメッシのような横向きドリブルで中央に切れ込んだ長友にシュートを打たれる始末。
そして後半28分、松井OUT→岡崎IN。

フレッシュな岡崎のチェイシングに期待したいところだ。

その岡崎、本田とポジションチェンジしてトップに入りGKにキャッチされはしたが、ヘディングでゴールを脅かすなど良い動きを見せている。

デンマークは日本の最終ライン沿いに3人が張り付きチャンスを待つ。

そんな中、ペナルティエリアで長谷部が4番を倒してPK。
後半35分、キッカーのトマソンのシュートは一度川島が止めるも、詰めてきたトマソンが再び蹴りこみ2-1。

ワールドカップ2010 グループE 日本-デンマーク

あと10分。苦しい時間帯だが本田が前線のキープからCKを奪取したりと時間を作ってくれる。

あと5分。デンマークはあと2点が必要なのだ。何とかこのまま凌ぎ切りたい日本。

そして、後半41分。右奥から入ったボールを本田がペナルティエリアで冷静にトラップ。自分で打てる所だったが、止めにきたGKの目前で右の岡崎にクールにパス。

びっくりしたのか、岡崎のジャストミートしないコロコロ・シュートがゴールに吸い込まれた!

岡崎ゴール!

ワールドカップ2010 グループE 日本-デンマーク 岡崎

3-1だ!

そして大久保OUT、守備の職人、今野を投入。

もう決まりだ。

さらにロスタイムに入ったところで遠藤OUT、稲本IN。
続けざまのCKで日本ゴールを脅かすデンマークだが、どうも今イチ気迫に欠けているような・・・
まぁあと3点必要だもんね。。

ロスタイムの4分は日本がデンマーク陣内で上手く時間を消化。
そして終了のホイッスル。

3-1。

日本代表、2大会ぶりに決勝トーナメント進出!

同時刻キックオフの裏カードはオランダがカメルーンを2-1で下し、日本はグループ2位通過。
決勝トーナメント一回戦の相手は堅守と鋭い攻撃のパラグアイだ。
かなり強い相手だが、日本らしいサッカーを見せて欲しい。

トヨタ、ソニー、ホンダ・・・

かつて技術大国だった日本。
産業・経済界では随分影も薄くなったが、サッカーで取り戻そうじゃないか。

高地だからか、悪名高い公式球ジャブラニのせいなのか、フリーキックで中々得点の入らない今大会だが、そのフリーキックで一試合2得点ですよ!

止まったボールを蹴らせたら世界一、でも良いじゃないか。

粘り強く守って、高精度なFKで必ず得点を決める技術の日本。

そう、技術力でしょ、日本は!

  • 本田が不在!トップ下問題が再燃
    ドーハ(カタール) 2013年3月22日
  • アジアモードでの戦いがスタート!
    ドーハ(カタール) 2011年1月9日
  • W杯最終予選仮想豪州のテストマッチ
    国立競技場(東京) 2009年2月4日
  • アウェーで4発快勝 最終予選進出が決定
    ドゥシャンベ(タジキスタン) 2011年11月11日
  • マナマの屈辱! 3バック機能せず
    バーレーン・マナマ 2008年3月26日
  • 最終予選に不安
    豊田スタジアム(愛知) 2012年2月29日
  • ザッケローニ監督 初陣を飾る!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2010年10月8日
  • アウェーで王国に完敗!
    ブラジリア(ブラジル) 2013年6月15日
  • 韓国とドロー 東アジア選手権優勝ならず
    中国・重慶 2008年2月23日
  • ワールドカップ予選に向け新布陣をテスト
    豊田スタジアム(愛知) 2008年5月24日
  • 大久保が覚醒!代表初ゴール
    長居スタジアム(大阪) 2007年10月17日
  • ダブル・ファンタジスタ シフト
    オーストリア・クラーゲンフルト 2007年9月11日
  • アジアならではのアウェー戦 重慶の笛
    中国・重慶 2008年2月22日
  • 岡田監督 決意の本田1トップが奏功!
    ブルームフォンテーン(南ア) 2010年6月14日
  • 攻守で弱さを露呈 W杯決定持ち越し
    アンマン 2013年3月26日

日本代表 試合リスト