岡田監督 決意の本田1トップが奏功!

ワールドカップ2010 グループE 日本-カメルーン

ブルームフォンテーン(南ア) 2010年6月14日

JAPAN vs CAMEROON

1 - 0

得点: 本田

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2010年6月14日

ワールドカップ2010 南アフリカ大会 開幕!日本代表の初戦はカメルーン

ワールドカップ南アフリカ大会グループE 日本-カメルーン スタメンオランダが2-0でデンマークを葬ったグループE第一試合を受けての日本の初戦は対カメルーン。

日本代表の布陣とスタメンは、先日実施されたジンバブエとの練習試合でテストされた阿部をアンカーに置くシステムをそのまま持ってきたようだ。

オランダ強しを実感し、勝ち点の確保を優先したかのような両チームは慎重なゲーム運び。
あまりリスクをかけずに、ジャブを出し合っているような印象だ。

そんなクールな展開の中、右サイドで1フェイク入れた松井の左足クロスが、中央で待つ大久保を飛び越えてファーで待っていた本田の足元へ。

ワールドカップ南アフリカ大会 グループE カメルーン戦 本田ゴール

本田がこれを冷静に流し込み、日本先制!

ワールドカップ南アフリカ大会 グループE カメルーン戦 本田ゴール

前日が誕生日だったという本田。1日遅れのバースデイ・ゴールだ。

その後カメルーンが少々前がかりになるも、なんとか凌いだ日本。勝負は後半に。

後半、予想通り攻勢を強めるカメルーンに対し、破綻する事無くクールに対処する日本。

終盤はカメルーンの放り込みロング・ボールに対し、ゴール前に前線の2~3人を除いた全員が張り付く布陣で何とか跳ね返す展開が続いたが、松井⇒岡崎(後半24分)、大久保⇒矢野(後半37分)、長谷部⇒稲本(後半43分)という岡田監督にしては積極的な選手交代によってフレッシュ感を保ち逃げ切りに成功、第一戦を勝利で終え勝ち点=3をゲット!

カメルーンは、お家芸の内紛で中盤のキーマンが出場しない為、エトーが右サイドから組み立てに関わった結果、ゴール前での迫力を欠いたのが日本に有利に働いた。

次は予選突破を決めに来る”全開”のオランダが相手だ。

ワールドカップ南アフリカ大会 グループE カメルーン戦 本田ゴール

 

  • 激闘!アジアカップ準々決勝
    ドーハ(カタール) 2011年1月21日
  • 岡田第二次政権がスタート
    国立競技場(東京) 2008年1月26日
  • 最終予選カタール戦のテスト
    ホームズスタジアム(神戸) 2008年11月13日
  • ワールドカップ ベスト4のマニフェスト
    エンスヘーデ(オランダ) 2009年9月5日
  • 最終予選に不安
    豊田スタジアム(愛知) 2012年2月29日
  • 低調な欧州遠征第一弾
    セルビア 2013年10月11日
  • 極東ダービー 宿敵韓国戦
    ソウルW杯競技場(韓国) 2010年10月12日
  • 格下相手に快勝
    大阪(日本) 2013年9月6日
  • 2013年初戦を快勝!
    ホームズスタジアム(神戸) 2013年2月6日
  • ダブル・ファンタジスタ シフト
    オーストリア・クラーゲンフルト 2007年9月11日
  • アジアモードでの戦いがスタート!
    ドーハ(カタール) 2011年1月9日
  • またも世界最速!ワールドカップ出場決定
    タシケント(ウズベキスタン) 2009年6月6日
  • 運命の6月シリーズ前 唯一のテストマッチ
    豊田スタジアム(愛知) 2013年5月30日
  • アウェーで4発快勝 最終予選進出が決定
    ドゥシャンベ(タジキスタン) 2011年11月11日
  • ザック 迷える采配もワールドカップ王手!
    マスカット・オマーン 2012年11月14日

日本代表 試合リスト