勝利で幕! アジア最終予選終了

ワールドカップ2014アジア最終予選 イラク-日本

ドーハ(カタール) 2013年6月11日

IRAQ vs JAPAN

0 - 1

得点: 岡崎

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2013年6月11日

最終予選が終わり、W杯メンバーへの戦いが始まる

既に6月4日のオーストラリア戦でワールドカップ2014ブラジル大会出場を決定している日本代表にとって、今日のアジア予選最終戦はもはや消化試合ではある。
がしかし、来るコンフェデレーションズカップ、さらには1年後のワールドカップ本大会に向けての準備と捉えれば、無駄な時間や試合など存在しない。
累積警告で出場できない長谷部やケガを考慮して出場を見送った本田、吉田らレギュラー陣の控えに甘んじてきた選手らにとっては又とないアピールの機会でもある。相手はもう後が無いグループ最下位イラク。国内の政情不安の影響でカタール開催となったいわば中立地ではあるが、モチベーションは高い。給与未払いを理由に辞任する前のジーコが指揮を執っていた日本ホームでの前回対戦は、スローインからのサインプレーで電撃的に虎の子の決勝点をもぎ取った日本代表がかろうじてイラクを退けた印象。油断はできない。

スタメンは準レギュラー しかし背水のイラクを前に苦戦

大幅にメンバーを替えてくるのではとの見方もあったが、ザッケローニ監督の送り出したスタメンは準ベストメンバーとも言える布陣。これまでの順列に沿った起用で意外性はゼロ。そういう意味ではここで結果が伴わなければ次の招集は無いかもしれないラストチャンスとも考えられる。

ゲーム自体は気温35度を超える酷暑と砂埃を含む強風の中、後半の終了間際にイラクに2枚目のイエローで退場者が出たあと、カウンターから頼りになる男、岡崎が決めて1-0で勝利した。

攻撃面ではトップ下に入った香川が清武との阿吽の呼吸での連携プレーで決定機を作り出すなど、密集地地でのスピーディな展開という持ち味を発揮。しかしこれは既に織り込み済み。本田の時間とスペースを作る能力がもたらすポゼッションスタイルと共存することで互いの長所を際立たせるものであるだけに、スピーディ1本だと攻撃に幅が出ない。しかし、乾を含む(そしてできれば柿谷も!)2列目のセレッソOB組によるアジリティを活かした連携プレーはハマると強豪国も驚異の攻撃パターンなのでさらなる熟成に期待したいところ。
ボランチの3番手である細貝はシビアな状況下でのバタバタ感こそ少なくなったが、香川に合わせる意識が強過ぎるのか、状況に変化をつけるプレーは皆無で奪って前に無難なパスのみ。それでいてたまに見せるミスパスが痛い。ゲームのコントロールは無理のようだ。2014年以降を見据える意味でも、Jリーグで実績を積んでいる鹿島の柴崎やセレッソ大阪の山口などを試して欲しい。
右SBに入った酒井宏樹は、前半に2回ほどGKとDFの間を狙った巻き気味の低空クロスで持ち味をアピール。1トップのハーフナーがドンと構えるタイプなのでミスマッチだったが、ウラに抜けるタイプのFWならおもしろい武器になる。
そしてハーフナーは未だにチームとしてのハーフナー利用法が定まらない犠牲になってしまっている感がある。所属のニュルンベルクで中距離クロスからのアシストを決め捲っている清武あたりとは相性が良さそうだが、主にパスワークによる地上戦をメイン戦法とする日本代表では選手たちに空中戦の概念が薄いのか、ハーフナーの頭を狙ったパスはほとんど無く、それを期待している風のハーフナーのポジショニングは前線で浮遊するのみでビルドアップにもほとんど貢献していない。何度か足元に入ったボールを長いリーチを活かしてキープするなど身体能力を活かすプレーを見せていただけに、空中戦に固執せずにクサビになる動きやウラを狙う動きなど、もっと動きの質と量を上げてほしいところ。そんな地道なプレーの連続がここぞの空中戦でも活きるはずだ。今のところはディフェンス面を含めた動きの質で前田には到底及ばない状態。その前田ですら、万全の信頼感にはとどかない状態で1トップは依然として課題のポジション。本田を推す案もあるが、前を向いてこそ驚異の本田にDFに背を向けてプレーさせることによる機会ロスが惜しい。ここはフィニッシュへの意識が高い岡崎の再登用と、それによって空いた2列目ポジションへのセレッソ・チルドレン投入による魅惑のアタック陣実現を望む。

フォーメーション論はもう止めにしないか

アジアカップ2011からスタートし、ワールドカップ予選を通じて熟成させてきたザッケローニ体制での最強布陣(川島、内田、吉田、今野、長友、長谷部、遠藤、岡崎、本田、香川、前田)も世界レベル相手では未だ未知数。
格好の機会であるコンフェデでの実力テストを経て、ワールドカップ本大会へ向けて改めてチーム再編が必要だ。

忘れた頃に湧き出てくる3-4-3とかお決まりのフォーメーション論よりも、選手達個々の個性や相性を活かした2~3人によるブロックを確立させ、それを相手や時間帯、展開など、状況に応じて組み合わせを変えていくことでのリズムの変化へと方法論を変えた方が良いと思う。
スケジュールが確定したコンフェデ後の年内のテストマッチや東アジア選手権を有意義に使って欲しい。

  • 最終予選カタール戦のテスト
    ホームズスタジアム(神戸) 2008年11月13日
  • ザック・ジャパン最終戦
    クイアバ(ブラジル)2014年6月24日
  • 強豪ウルグアイに惨敗!
    宮城(日本) 2013年8月14日
  • アウェーで王国に完敗!
    ブラジリア(ブラジル) 2013年6月15日
  • ワールドカップ壮行試合
    埼玉スタジアム(埼玉) 2014年5月27日
  • オシムの御前試合
    国立競技場(東京) 2008年1月30日
  • 余裕のブラジルに子ども扱い
    ブロツワフ(ポーランド) 2012年10月16日
  • モチベーションの差
    平壌(北朝鮮) 2011年11月15日
  • 舞い踊る雪とゴール W杯予選開幕!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年2月6日
  • 韓国とドロー 東アジア選手権優勝ならず
    中国・重慶 2008年2月23日
  • またも世界最速!ワールドカップ出場決定
    タシケント(ウズベキスタン) 2009年6月6日
  • オシムの遠大な野望
    横浜国際競技場(横浜) 2007年3月24日
  • 憲剛システムに手応えあり
    国立競技場(東京) 2009年5月31日
  • ザッケローニ監督 初陣を飾る!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2010年10月8日
  • 勝利で幕! アジア最終予選終了
    ドーハ(カタール) 2013年6月11日

日本代表 試合リスト