ホーム初のワールドカップ出場決定!

ワールドカップ2014アジア最終予選 日本-オーストラリア

埼玉スタジアム 2013年6月4日

JAPAN vs AUSTRALIA

1 - 1

本田(PK)

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2013年6月4日

本田が直前合流 最高の舞台が整った

日本代表がホームで戦うワールドカップ アジア最終予選第7戦はオーストラリア戦。引き分け以上で確定、さらに仮に負けても数時間後に行われるオマーン-イラク戦でイラクが負ければ日本代表のワールドカップ2014ブラジル大会への出場が決定する大一番。

消化試合がひとつ少ないながらもヨルダンに次ぐグループ3位ともう後が無いオーストラリア。
試合序盤は飛ばしまくって、強烈なプレッシャーから強引に日本ゴールに迫る。

迎え撃つ日本代表はベストメンバーかつ慣れ親しんだ4-2-3-1ということで、攻守共に連動性は抜群。
オーストラリアのラッシュに冷静に対処しながら本田にボールを集める。本田はロシアリーグのカップ戦決勝から中1日という強行軍ながらいつも通りのキープ力でオーストラリアのハイテンションを軽くいなし、徐々にゲームを落ち着かせていく。

前半は、本田と香川を軸に長友や前田が絡む細かいワンタッチ・プレーでペナルティ・エリアに進出する場面も多々創出。左から中央に寄りがちではあるものの、それだけに岡崎と内田のコンビによる右サイドからの崩しも数はないながらも効いている。ヨルダン戦で課題だったミドル・シュートも16分に遠藤が巧みな切り替えしから左足で狙うなど、積極性がある。さらに22分にはカウンターから突破されると決定的な場面を作られそうなところで長谷部がプロフェッショナルなファールでオーストラリアの侵攻を阻止。イエローをもらうが、これもヨルダン戦でのカウンターに対する吉田の軽い守備からの失点を教訓とする良い判断だった。

前半のビッグチャンスは日本、オーストラリアともに1回ずつ。
19分に、本田、香川、再び本田、岡崎とペナルティエリア中央手前の密集地帯を細かいパスワークで崩し、香川がシュートするもGKが右手1本でファインセーブ!


34分には瞬間的にルーズになった吉田と今野の間のスペースにスルーパスを通され、今野を振り切ったクルーズがシュートを放つも詰めてきた川島が左手1本でセーブ。
ともにGKの片手一本のビッグセーブで両チームとも無得点に終わった。

好勝負の前半 そして運命の後半へ

メンバー交代無く後半へ突入。
抜群のキレを見せる香川がチャンスメイクやフィニュッシュに活躍。
後半14分にペナルティーエリア左から切れ込みながら意表を突くループシュート。ボールは惜しくもポストに嫌われ得点ならず。

後半18分、22分には立て続けに本田がFKを放つがゴールならず。
日本代表が優勢にも見える中、先に動いたのはオーストラリア。
後半27分に、それまで嫌な動きを見せていたホルマンがアウト。
後半34分にはザッケローニ監督も動く。
前田OUT→栗原IN。
これは3-4-3への移行で得点を狙ったものなのか?と一瞬思ったが、栗原は吉田とCBを組み、今野が左にずれてSBへ。左SBの長友を攻撃的な位置に上げて、香川がトップ下、本田が1トップに移行した。
直後に長友がペナルティーエリアにドリブルで持ち上がりシュート。ゴールはならなかったが、交代が奏功したかに見えた。

しかしその直後、ポジション取りに迷っていたような内田の右サイドを倒れかけながらも強引に突破したオアーがセンタリング。ゴールラインを割るかに見えたボールがバックステップでフィスティングする川島の手を掠めてゴールへ。オーストラリアが先制!
慌てたザッケローニ監督、後半40分に内田OUT→ハーフナーIN。
本田、香川、長友が元の位置へ、ポリバレントな今野が右SBに入り、パワープレーか、と思わせたが、元々そんなトレーニングはしていなかったようで、今一ハーフナーの高さを活かすロングボールやクロスが入らない。
それどころか、本田と香川は自らの個人技で強引に仕掛けていこうと話し合っていたようだ。
後半42分、岡崎OUT→清武IN。

敗色濃厚の後半45分。意を決した本田が、オーストラリアのスカウティングを警戒し、これまで封印していたショートコーナーをもらい右サイドから強引にクロス。
これがマッケイの左腕に当たり、日本代表がPKを獲得。
既にアディショナルタイムに突入せんとしている時間帯だ。
ペナルティアークにはボールを抱えて仁王立ちの本田。
埼玉スタジアムを埋めた6万2000人、そしてTVやパブリックビューイングで見守る何千万という日本代表サポーターの祈りが本田の左足に注がれる。


この最高にシビれる場面での本田の選択は何と、ど真ん中への強シュート!
これが決まり1-1の同点に。
そして冷静にゲームを裁いていたレフェリーの笛が鳴り、試合終了。劇的な幕切れで日本代表がホーム初のワールドカップ出場を決めた。

祝!ワールドカップ出場 課題も忘れるな!

歓喜の日本列島!
しかし、課題も忘れてはならない。
日本の失点は「アンラッキー」で済ませて良いのか?DFはどうだったのか?川島の判断は?
そしていつもそうだが、ハーフナーをどう活かすのか?
選手交代で迷走した監督の采配の意図は?

今日は全てを本田の度胸が救った形となったが、問題点をウヤムヤにすることなく次に活かして欲しい。
幸いにも6月は予選最終戦のイラク戦を挟みブラジルでのコンフェデレーションズ・カップが開催される。
同グループのブラジル、イタリア、メキシコとどこまで戦えるのか。
無残に散っても構わない。
本気で戦う日本代表が見てみたい。

  • 激闘!アジアカップ準々決勝
    ドーハ(カタール) 2011年1月21日
  • オシムの御前試合
    国立競技場(東京) 2008年1月30日
  • W杯ベスト8常連国によるレッスン
    ベロオリゾンテ(ブラジル) 2013年6月22日
  • 海外組の融合を進めるオシム
    エコパスタジアム(静岡) 2007年6月1日
  • ホームで難敵オマーンを撃破!
    日産スタジアム(横浜) 2008年6月2日
  • アウェーで4発快勝 最終予選進出が決定
    ドゥシャンベ(タジキスタン) 2011年11月11日
  • アウェーでフランスに初勝利
    パリ(フランス) 2012年10月12日
  • 本田が新背番号4とともに代表復帰!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年6月3日
  • 準々決勝 オーストラリアをPK戦で退ける
    ハノイ 2007年7月21日
  • カミカゼシステムをテスト
    埼玉スタジアム(埼玉) 2007年6月5日
  • 日本代表 強敵オランダに屈す!
    ダーバン(南ア) 2010年6月19日
  • 気温38度! 灼熱のドロー
    マスカット・オマーン 2008年6月7日
  • 岡田監督 決意の本田1トップが奏功!
    ブルームフォンテーン(南ア) 2010年6月14日
  • 憲剛システムに手応えあり
    国立競技場(東京) 2009年5月31日
  • アジアの不条理 中東の笛!
    ドーハ(カタール) 2011年1月13日

日本代表 試合リスト