攻守で弱さを露呈 W杯決定持ち越し

ワールドカップ2014アジア最終予選 ヨルダン-日本

アンマン 2013年3月26日

JORDAN vs JAPAN

2 - 1

得点:香川

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2013年3月26日

勝敗を分けた覚悟の差

直前に行われた別の試合でオーストラリアがオマーンとホームでドローに終わった結果、引き分けでもワールドカップ出場が決定する状況とった日本代表。
アウェーとは言え、相手が昨年6月にホームで6-0と圧勝したヨルダン(参照:アジア最終予選 日本-ヨルダン)とあって世間は楽勝ムード。
日本時間夜11時キックオフのこの試合を中継するTV局は民放もNHKもお祭り状態で元代表選手を大勢動員し、試合開始の随分前から直前情報などを放送している。

そんなお祭り騒ぎに水を差すことになった最終予選初黒星。
油断、決定力不足、劣悪なピッチコンディション、本田と長友の不在など、敗因は色々考えられるし、たぶんどれもが微妙に複合していると思われるが、一番は「覚悟の差」だと思う。

かたやグループ最下位でもう負けの許されないヨルダン、一方の日本はワールドカップ出場リーチ状態。
日本の失点はCKからのヘディング・シュートとカウンターからのドリブル一騎駆けによるもの。
どちらの得点者にも「ここで決めてやる」「フォローが無いならオレが決め切ってやる」といった迫力が伝わった。

ところが日本は大事に行き過ぎ、シュートができるところでもパスを選択したり、一気にスピードアップしてカウンターを仕掛けるべき場面でも敵のディフェンスが揃いつつあるとみるやバックパスして作り直すという慎重さ。

「前が詰まったからバックパス」「もっといい位置に味方がいるから」「もう一人DFは吉田がいるから」などなど、エクスキューズだらけに見えた日本代表のプレー。ヨルダンの選手達にはそんな言い訳はひとつも見当たらない。

新しい血を導入して活性化を

今日のヨルダンで言えば9番や10番のように突出したタレントのいない日本は組織力とチームワークで戦ってきた。
しかし、その力を合わせるという建前が実のところ相互依存に陥ってはいないか。
ザッケローニ監督がメンバーを固定してきた事で戦術的にはこなれて来た反面、選手の序列や役割がはっきりしオレがオレがといった貪欲さや活力が失われてしまっているようだ。

日本の得点シーンは見事だった。
長谷部からのくさびのパスを清武がワンタッチで右足アウトにかけてディフェンスの頭上をループで超える意外性のあるプレー。
呆気にとられる周囲の選手の内、一人意図を汲んでいた香川が抜け出し右足シュートでヨルダンゴールに突き刺す。
前半からほとんどのチャンスを作り出していた清武がさすがのプレーを見せた。
惜しむらくは自らフィニシュできる場面でもパスにこだわり過ぎたところか。
トップ下という場所に拘らず、意思疎通のできる周囲と自在にポジションチェンジをした方が香川は活きると思う。清武や乾、代表入りが期待されるセレッソ大阪の柿谷など、アジリティとテクニックで掻き回すセレッソ・アタックが見てみたい。

ディフェンス面ではカナダ戦に続いてCKから失点と、相変わらずセットプレーが弱い。
そして、スーパーなブラジル人 ネイマールやカカを止められなかった時にはあまり問題視されなかった個人技の優れた相手に対する対応だが、ヨルダンの9番や10番を止められないことで問題点が浮き彫りになった。
結局、日本代表のディフェンスは個人の能力では世界的にもかなり弱いと言わざるを得ない。
最終予選残り2試合とコンフェデレーションズカップに向けて、ザッケローニ体制では何故か呼ばれていない闘莉王の招集があっても良いのではないか。

ワールドカップ アジア最終予選 グループB 順位表/勝敗表 (3月26日終了時)

依然として日本が断然トップ。

・ヨルダンの状況
最下位から2位に躍進したヨルダンは残り2試合(オーストラリア、オマーン)を全勝で勝点13となるが、現時点で日本との得失点差は16。
日本が残り2試合を落としたとしても順位がヨルダンより下になるとは思えない。

・オーストラリアの状況
3試合(日本、ヨルダン、イラク)を残しており、見方によっては有利。
3試合全勝で勝点15。ヨルダンとの対戦も含まれるので、その場合ヨルダンの考えうる最多勝点は10。

・オマーンの状況
一番厳しいのがオマーン。
残り2試合(イラク、ヨルダン)を全勝しても勝点12止まり。ヨルダンとの対戦も含まれるので、その場合ヨルダンの考えうる最多勝点は10。

・イラクの状況
オーストラリア同様残り試合が3つあり不気味な存在。残り3試合(オマーン、日本、オーストラリア)全勝で勝点14。キャスティング・ボートに躍り出たヨルダンを軸にオーストラリア、オマーンが3つ巴でドロ沼化している間に一気に突き抜ける奇跡があるかも?

  • ダブル・ファンタジスタ シフト
    オーストリア・クラーゲンフルト 2007年9月11日
  • 最終予選という名のテストマッチ
    国際総合競技場(横浜) 2009年6月10日
  • 本田・本田・本田!ハットトリックで圧勝
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年6月8日
  • ロスタイムに決勝点! アジア3次予選開幕
    埼玉スタジアム(埼玉) 2011年9月2日
  • 俊輔のFK 黄金の左足がゴールを射抜く!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2009年3月28日
  • アジアの不条理 中東の笛!
    ドーハ(カタール) 2011年1月13日
  • 極東ダービー 宿敵韓国戦
    ソウルW杯競技場(韓国) 2010年10月12日
  • 岡崎、魂の超低空ヘッドでドロー!
    タシケント 2011年9月6日
  • W杯ベスト8常連国によるレッスン
    ベロオリゾンテ(ブラジル) 2013年6月22日
  • 暫定ヒロミジャパン快勝
    日産スタジアム(横浜) 2010年9月4日
  • 120分の死闘! ライバルと最高の舞台で
    ドーハ(カタール) 2011年1月25日
  • 豪州・日本ともに消化試合モード
    クリケットグラウンド(メルボルン) 2009年6月17日
  • 敵はオーストラリアとレフェリー
    ブリスベン(オーストラリア) 2012年6月12日
  • 香川が代表初ゴール!
    ビッグスワンスタジアム(新潟) 2008年10月9日
  • 最終予選に不安
    豊田スタジアム(愛知) 2012年2月29日

日本代表 試合リスト