敵はオーストラリアとレフェリー

ワールドカップ2014アジア最終予選 オーストラリア-日本

ブリスベン(オーストラリア) 2012年6月12日

AUSTRALIA vs JAPAN

1 - 1

得点: 栗原

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2012年6月12日

最終予選第3戦 好試合が予想されたが・・・

ワールドカップ2014アジア最終予選 オーストラリア-日本 2012年6月12日 スタメンホームでの2連戦を連勝で勝ち点を6とした日本代表。最終予選初のアウェーはオーストラリア戦。スタメンはヨルダン戦で右膝を負傷した吉田に代わり、ヨルダン戦で代表初得点をを決めた栗原が入った以外は不動のベストメンバーだ。
勿論勝利が理想だが、最悪ドローでもOKといえるだろう。

オーストラリアは6月12日の初戦をアウェーでオマーンと引き分けている。日本より試合消化が1試合少ないとはいえ、ホームで日本との直接対決に敗れると、勝ち点差は8となってしまう。オーストラリアとしても絶対に負けられない1戦だ。

前半は五分五分、後半 あのレフェリーが試合を壊し始める

序盤は日本の天敵ケーヒルを中心にゲームを支配するオーストラリアが何度か日本ゴールに迫るも得点ならず。すると徐々に日本もペースを握り始め、数人が連動した動きを見せてチャンスを伺うように。
しかし両者得点無く、ハーフタイムに。

後半も日本が良い流れで試合を進めていると、後半10分。内田に対するファールが2枚目のイエローとなり前半途中からブレッシャーノに代わって入っていたミリガンがレッドで退場。日本は数的有利と成るも、次第にレフェリングがおかしくなってくる。
その後、数的有利で推進力を増した日本攻撃陣が連動した攻撃でオーストラリアに迫る。
後半20分。右CKをショートコーナーで長谷部に預けた本田が長谷部からのリターンを受けるとゴールライン際をドリブル。スイッチが入った!直接打つかそれともクロスか、本田の選択はファーへのグラウンダー。これに詰めていた栗原がプッシュしゴール!日本先制。

ワールドカップ2014アジア最終予選 オーストラリア-日本 栗原

オーストラリアもフィジカルな攻撃で反撃。
後半23分。オーストラリの左CKが蹴られた瞬間、レフェリーの笛。何が起こったのか両チームの選手が呆気に取られている中、内田にイエローが。どうやら内田がオーストラリアの選手を倒したということらしい。これで与えたPKを決められ1-1に。
しかしこれはどう見てもミスジャッジ。あるいは、2枚目と気づかずにいつもの調子で気楽に出したイエローでミリガンを退場させてしまったことに対するオースラリアへの贖罪のようにも見えた。
というのも、レフェリーはアジアカップ2011準決勝 韓国戦で笛を吹いていたサウジアラビアのカリル・アル・ガムディ。カードを出すのが好きなレフェリーのようで、主な実績は、ワールドカップ2010南アフリカ大会のチリ対スイス戦でイエローカードを9枚、レッドカードを1枚。同大会フランス対メキシコ戦ではイエローカードを6枚。2010年のACL川崎対メルボルンではイエローカードを9枚、レッドカードを2枚といった凄まじいものなのだ。

この1点で息を吹き返したオーストラリアが攻勢を強め始める。
日本も遠藤が惜しいFKを放つなど、時折チャンスを得るが得点できない。
このまま終わるかと思われた後半44分。この時間で数合わせなのか、今度は栗原が謎の2枚目イエローで退場。

さらにロスタイムも終了間近。本田へのファールで得た、ワールドカップ南アフリカ大会デンマーク戦のブレ球FKを彷彿させる右FKのチャンス。本田が蹴ろうとした瞬間に終了のホイッスル!
普通あり得ない状況に不満を露にする日本の選手達。
本田も後半37分に受けたイエローカード時の呆気に取られた表情を通り越してもはや「ダメだこりゃ」状態。
ワールドカップ2014アジア最終予選 オーストラリア-日本 呆れる本田

1-1のドローで試合終了。
日本、オーストラリア共に最低限の結果を得たからなのか、大問題に発展することは無かったが、レフェリーが好試合をブチ壊したのは紛れも無い事実。オーストラリアも迫力ある攻撃を見せたし、日本も猛攻に耐えるディフェンスやコンビネーションで崩す素晴らしいサッカーをしていただけに、まともなレフェリングでの好ゲームが見たかった。

しかし、7枚のイエロー、2枚のレッドと合わせて後味の悪さだけが残る何ともアジアなゲームだった。

  • W杯ブラジル大会のラストセレクション
    ソウル(韓国) 2013年7月21日
  • ベトナムに順当勝利 グループBを1位通過
    ハノイ 2007年7月16日
  • 敵はオーストラリアとレフェリー
    ブリスベン(オーストラリア) 2012年6月12日
  • 岡田第二次政権がスタート
    国立競技場(東京) 2008年1月26日
  • 小野を召集 最終テストか?
    札幌ドーム(札幌) 2008年8月20日
  • 豪州・日本ともに消化試合モード
    クリケットグラウンド(メルボルン) 2009年6月17日
  • オシムの遠大な野望
    横浜国際競技場(横浜) 2007年3月24日
  • またも世界最速!ワールドカップ出場決定
    タシケント(ウズベキスタン) 2009年6月6日
  • W杯最終予選仮想豪州のテストマッチ
    国立競技場(東京) 2009年2月4日
  • ホーム初のワールドカップ出場決定!
    埼玉スタジアム 2013年6月4日
  • 最終予選に不安
    豊田スタジアム(愛知) 2012年2月29日
  • 高原2発! 難敵UAEを撃破!
    ハノイ 2007年7月13日
  • Wエースが韓国を粉砕!
    札幌ドーム(札幌) 2011年8月10日
  • アウェーで王国に完敗!
    ブラジリア(ブラジル) 2013年6月15日
  • またもバーレーン! 最終予選が開幕
    バーレーン・マナマ 2008年9月6日

日本代表 試合リスト