ロスタイムに決勝点! アジア3次予選開幕

ワールドカップ2014アジア3次予選 日本-北朝鮮

埼玉スタジアム(埼玉) 2011年9月2日

JAPAN vs D.P.R. KOREA

1 - 0

得点: 吉田

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2011年9月2日

本田がケガで不在の中、ワールドカップ2014 アジア3次予選スタート

ワールドカップ アジア3次予選 日本-北朝鮮 2011年9月2日 スタメンワールドカップ2014 ブラジル大会 アジア予選。シードされた日本代表が参加する3次予選がいよいよ始まる。日本と同グループには北朝鮮、ウズベキスタン、タジキスタンが入り、ホーム&アウェーの6試合を戦う。

そんな矢先、今や大黒柱とも言えるCSKAモスクワの本田圭佑が代表合流前のリーグ戦 スパルタ・モスクワ戦で右膝を負傷。帰国した際の空港では「ケガ?何のことですか? 」ととぼけていたが、右膝半月板損傷であることが判明、代表を離脱したのだ。

場合によっては予選のほとんどに出場できなくなる恐れもあるという。さらに、Jリーグでの好調を買われて代表復帰した中村憲剛も負傷で無念の離脱。甲府のハーフナー・マイクが追加召集されたが、彼はおそらくパワープレー要員。
トップ下に誰を抜擢するのかが焦点となった。

そして迎えた北朝鮮戦。
トップ下にはプロアクティブ柏木が入った。
長友不在の左サイドバックには駒野。柏木が機能すれば、ほぼベストメンバーと言っても良いのだが・・・。

前半のボール・ポゼッションンは約60%超えと、ゲームは日本が圧倒的にボールを支配。
ところが、攻めが単調でメリハリが無く、北朝鮮の厚く粘り強いブロックもあって、決定的な場面が作れない。

本田の場合、フィジカルを活かした中盤でのボールキープで味方の上がる時間を作ったり、意を決したペナルティエリアへのドリブルで攻撃にスイッチを入れたりと、多彩な動きと岡崎や香川とのコンビネーションで攻めの形が作れる。
しかしこの日の柏木はパス出しに終始。クラシックな10番といった風情だった。
何度かこぼれてきた(決してコンビネーション的では無い)ボールをシュートしたが、体勢が得意の左足ではなかったりして枠を捉えられない。ここは冷静にフェイントの一つでも入れて、左足でヒットして欲しいところ。

前半はこれといった見せ場も無く0-0。

膠着した展開 ロスタイムに吉田のヘッド弾が炸裂

後半早々に長谷部が鋭い弾道のミドルを放つがGKがキャッチ。
さらに後半5分。香川が左サイドから中央に切れ込み、低いクロス。これに岡崎がダイブするも少し反応が遅れて合わず。
長谷部や香川が「攻撃のスイッチ」を入れる動きを見せてきている。

後半15分。柏木OUT→清武IN。ザックも見限ったようだ。
その清武。入って早々に2度シュート・チャンスを得るなどやはりこの男、”持っている”のかもしれない。周囲とのコンビネーションも良さそうだ。
さらに後半25分。李OUT→ハーフナーIN。
早くもパワープレー?と思ったが、ハーフナー目掛けてクロスをどんどん入れるような場面は無く、パス主体で崩す方向性は変わらない。
これは監督の指示なのか、それともパワープレーのトレーニングをやっておらず、選手達に共通理解が無かったからなのかは不明。

後半29分。ここで又攻撃のスイッチが入る。長谷部だ。
強引にドリブル突破してきた長谷部がペナリティエリア右から中央にパス。
これをハーフナーが冷静にコントロール・ショットで狙うもシュートは惜しくもバーを直撃。
決まっていれば代表初キャップ初ゴールで、ザックの眼力も改めてクローズアップされる場面だった。

後半38分。中盤で遠藤と交錯した北朝鮮選手がスパイクの裏を見せたタックルで一発レッド。
これぞ、ホームタウンディシジョン。数的有利な日本が攻勢を強めていく。
後半42分には長谷部のパスに岡崎が右足を伸ばして合わせに行くがわずかに届かない。
ロスタイム、香川のシュートがDFにブロック。
さらにCKからのプレーで上がっていた今野がボレーを放つも、またもバー直撃でゴールならず。

もう今日は日本の日では無いのかもしれない。
そう思い始めた矢先。
右CKからのボールをショートコーナーで折り返し、清武がクロス。これを吉田がヘッド。
叩きつけたボールがネットに突き刺さりゴール!ようやく日本先制だ!

ワールドカップ アジア3次予選 日本 VS 北朝鮮 吉田

そして試合終了。
主力の離脱、有利な判定、何かを持っている清武、と色々あったが1-0で辛勝。
何はともあれ勝ち点=3をゲット。
予選は結果が大事だからとりあえずはOK。
後は、絶対に彼の高さが必要になるハーフナーの使い方、トップ下を含めたMFの構成など、課題の解決が求められる。
しかし、次のゲームは9月6日(火)アウェーのウズベキスタン戦だ。
移動の為、修正にかける時間が無い!
どうする?ザック!

ワールドカップ アジア3次予選 日本 VS 北朝鮮

  • アウェーで4発快勝 最終予選進出が決定
    ドゥシャンベ(タジキスタン) 2011年11月11日
  • 大久保が覚醒!代表初ゴール
    長居スタジアム(大阪) 2007年10月17日
  • ホームで難敵オマーンを撃破!
    日産スタジアム(横浜) 2008年6月2日
  • 香川が代表初ゴール!
    ビッグスワンスタジアム(新潟) 2008年10月9日
  • 激闘!アジアカップ準々決勝
    ドーハ(カタール) 2011年1月21日
  • 憲剛システムに手応えあり
    国立競技場(東京) 2009年5月31日
  • 120分の死闘! ライバルと最高の舞台で
    ドーハ(カタール) 2011年1月25日
  • W杯ブラジル大会のラストセレクション
    ソウル(韓国) 2013年7月21日
  • Wエースが韓国を粉砕!
    札幌ドーム(札幌) 2011年8月10日
  • 極東ダービー 宿敵韓国戦
    ソウルW杯競技場(韓国) 2010年10月12日
  • 本田が新背番号4とともに代表復帰!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年6月3日
  • ザック 迷える采配もワールドカップ王手!
    マスカット・オマーン 2012年11月14日
  • 本田・本田・本田!ハットトリックで圧勝
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年6月8日
  • 無策!10人の相手から勝ち点3奪えず
    ナタル(ブラジル)2014年6月19日
  • 小野を召集 最終テストか?
    札幌ドーム(札幌) 2008年8月20日

日本代表 試合リスト