ザック 迷える采配もワールドカップ王手!

ワールドカップ2014アジア最終予選 オマーン-日本

マスカット・オマーン 2012年11月14日

OMAN vs JAPAN

1 - 2

得点:清武、岡崎

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2012年11月14日

過酷な暑さと強行日程

全8試合をホームアンドアアウェーで戦うワールドカップ2014ブラジル大会 アジア最終予選も後半に突入。

アウェイのゲームを3つ残す日本代表。そのうちの1つが今回のオマーン戦だ。ここまで、グループの強豪オーストラリアと引き分けるなど、ホームでは無敗のオマーン。
気温も最暑期の半分程度ながらいまだ30度あり、海に面した国土とあって湿度もたかそうだ。おまけに日本のゴールデンタイムに配慮したからか、キックオフは午後3時半。チケットは無料で市民にバラ撒かれ、大観衆がスタジアムに押し寄せそうだ。

難しい試合が予想される中、香川、内田、駒野などをケガで欠く日本代表。
欧州組は週末のリーグ戦直後にオマーンに直行というハードスケジュール。
長友などはリーグ戦後、24時間もしない内にオマーン入りという強行日程だ。
したたかなゲームマネージメントが必須だ。

ボールを支配する日本 鋭くゴールに迫るオマーン

予想どうり、ボールポゼッションは圧倒的に日本。
しかしながらオマーンも守りを固めつつ、迷いの無いカウンターで日本ゴールを脅かす。

左サイドの長友が上がったウラがオマーンの狙い。
前半10分。スローインから日本左サイドを突破され、逆サイドでフリーの選手に渡った場面は、相手の信じられないシュートミスに助けられる。

その後も何度かチャンスを迎えるも得点を奪えないでいた日本だが、前半20分。
オマーンのプレスが緩い事を利用し、それまでも効果的な上がりでパスを配給していた今野がペナルティーエリア左にチップキックのパス。走り込んだ

長友がクロスを送り、中央でオマーンDFに弾かれたボールを清武が左足でミート!
清武の代表初ゴールで日本が先制だ!

その後もポゼッションする日本、カウンターのオマーン、という図式が続く。
前半36分にはオマーンのヘディング・シュートが日本ゴール左ポストを叩く場面もあるなど、枠内シュート数では明らかにオマーン優勢で前半終了。

オマーンが攻勢を強める後半 ザック采配に迷いが

後半の序盤はオマーンの時間帯が続く。
そんな中、後半19分。前田OUT→内田の負傷で繰り上がり召集された酒井高徳IN。
長友が2列目左に上がり、酒井高徳は左サイドバックへ。
空いたトップの位置に本田が入った。

所属するインテルで3-4-3時に中盤もこなす長友の攻撃力を活かしつつ、左サイドの守備にもテコ入れするなかなかのアイディアだ。
策が当たり、後ろを気にしなくて良くなった長友が何度かチャンスを作る。
しかし、後半32分。吉田がファールで与えたFKをオマーンに決められ1-1の同点に。

勝ちに行くのか、それともドローで収めるのか。
判断が難しい中、後半39分に清武OUT→細貝IN。
これは守りを固めて引き分け狙いなのか?
と思った矢先、酒井高徳が素早いシザース・フェイントからタテに素早く抜け出して中央にクロス。

そこに細貝投入で若干ポジションが前目になっていた遠藤がニアで右足ヒールで当ててファーへ。
走り込んだ岡崎がドロ臭く左足で押し込み、1-2で日本が勝ち越し!

その後、ロスタイムに遠藤OUT→高橋INで時間を稼いだ日本が逃げ切り1-2で勝利。
勝ち点3を上乗せし、合計勝ち点13でワールドカップに王手!

救世主は追加招集の酒井高徳

厳しいコンディションのアウェー戦。
後半に入って采配に迷いが見られたザッケローニを追加召集の酒井高徳が救った。

同日開催のイラク-ヨルダン戦はグループ最下位のイラクが勝利し勝ち点は、
日本13、オーストラリア5、イラク5、オマーン5、ヨルダン4と、日本の独走状態となった。

これで、来年3月26日の次戦 アウェーでのヨルダン戦に勝てば、2試合を残して日本のワールドカップ出場が決まる。
早めに決めて、残り2試合をテストの場とし、ブラジルで開催されるワールドカップのプレ大会=コンフェデレーションズ・カップに臨みたいところだ。

ワールドカップ アジア最終予選 グループB 順位表/勝敗表 (第6節終了時)

日本が勝ち点13で独走!

ワールドカップ アジア最終予選 グループB 順位表/勝敗表 (第6節終了時)

  • ダブルエースがアベック・ゴール
    横浜(日本) 2013年9月10日
  • 薄氷の勝利!見えてきた可能性
    ソウル(韓国) 2013年7月28日
  • サッカー王国のファンを魅了も敗戦
    レシフェ(ブラジル) 2013年6月19日
  • ベトナムに順当勝利 グループBを1位通過
    ハノイ 2007年7月16日
  • オシムの御前試合
    国立競技場(東京) 2008年1月30日
  • 憲剛システムに手応えあり
    国立競技場(東京) 2009年5月31日
  • アジアカップ開幕!東南アジアの熱波
    ハノイ 2007年7月9日
  • 韓国とドロー 東アジア選手権優勝ならず
    中国・重慶 2008年2月23日
  • ワールドカップ予選に向け新布陣をテスト
    豊田スタジアム(愛知) 2008年5月24日
  • 日本 ベスト8ならず 守備的戦術の限界
    プレトリア(南ア) 2010年6月29日
  • 俊輔のFK 黄金の左足がゴールを射抜く!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2009年3月28日
  • またも世界最速!ワールドカップ出場決定
    タシケント(ウズベキスタン) 2009年6月6日
  • 内田の代表初得点 バーレーンを沈める
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年6月22日
  • アジアカップ終戦.....しかし戦いは続く
    ジャカルタ 2007年7月28日
  • 余裕のブラジルに子ども扱い
    ブロツワフ(ポーランド) 2012年10月16日

日本代表 試合リスト