豪州・日本ともに消化試合モード

ワールドカップ2010最終予選 オーストラリア-日本

クリケットグラウンド(メルボルン) 2009年6月17日

AUSTRALIA vs JAPAN

2 - 1

得点: 闘莉王

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2009年6月17日

日本とオーストラリア サッカースタイルが対照的な2強

ワールドカップ アジア最終予選 オーストラリア-日本 2009年6月17日 スタメン
サッカーとはどんな競技か?大抵の日本人はこう応えるだろう。
「ボールを足で止めて、蹴って、パスを繋いで、ゴールに入れるスポーツ」
そういう意味では、この消化試合となったアウェーの予選最終戦もサッカーでは圧倒的に日本が勝利したと言えるだろう。
対して、オーストラリア人の答えは、
「サッカー?ドーンとぶつかってゴールにボール入れるスポーツだろ?」という感じか。
そういう意味では、この試合の勝者はまさしくオーストラリア。

北半球の日本は田植えシーズン。
田植えよろしくチームで隊列を組んでせっせせっせとパスを丹念に繋いで、キレイにゴールを目指す日本。オーストラリアはそんな農耕民族の努力を踏みにじるように、田んぼをフィジカルで荒らした上に、アバウトなセットプレーから体で押し込む2得点で逆転勝利。
冬場だというのに食料備蓄もそこそこに、足りなくなったら狩猟に出掛けるといった風情だ。
この日またもや2得点のケーヒルが代表で存在する限り、日本はオーストラリアに勝つことは無いだろう。
前半にCKから闘莉王に競り負けた借りを後半に見事返して見せた。
090617オーストラリア戦闘莉王ゴール

090617オーストラリア戦ケーヒルゴール

そんなわけでこのゲーム、日本代表のユニホームは名前も入れられていない練習試合モード。
会場も10万人収容可能という”クリケットグラウンド”だ。
クリケット?国際Aマッチを舐めてんのか?
オーストラリアもやる気無しだ。
キューウェル居ないし。

俊輔、遠藤、中澤が居ない?
そんなの理由にならないな。
ワールドカップ本大会で4位以内を狙うんなら、もっと引き出しを増やさないと。
松井に代わって入った矢野も戦術の犠牲というか、何というか。
全くボールが収まらないのでポストでも無いし、守備に回っても後手後手で完全にミスマッチ。
サイドで置く必要あったのか?
もっと自由に判断してやってもらいたかったね。
「オレが中央でドーンと構えるからドンドンクロス入れろ」って。
代表選手なんだから。

  • 敵はオーストラリアとレフェリー
    ブリスベン(オーストラリア) 2012年6月12日
  • 全とっかえ!東アジア杯2戦目
    華城(韓国) 2013年7月25日
  • ゴールラッシュ 8得点!
    長居スタジアム(大阪) 2011年10月11日
  • ホームで難敵オマーンを撃破!
    日産スタジアム(横浜) 2008年6月2日
  • 低調な欧州遠征第一弾
    セルビア 2013年10月11日
  • ダブル・ファンタジスタ シフト
    オーストリア・クラーゲンフルト 2007年9月11日
  • 準々決勝 オーストラリアをPK戦で退ける
    ハノイ 2007年7月21日
  • 最終予選カタール戦のテスト
    ホームズスタジアム(神戸) 2008年11月13日
  • アウェーでカタールに快勝!
    ドーハ・カタール 2008年11月19日
  • ワールドカップ壮行試合
    埼玉スタジアム(埼玉) 2014年5月27日
  • ホームで痛いドロー
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年10月15日
  • サウジに屈し、決勝進出ならず
    ハノイ 2007年7月25日
  • 120分の死闘! ライバルと最高の舞台で
    ドーハ(カタール) 2011年1月25日
  • ダブルエースがアベック・ゴール
    横浜(日本) 2013年9月10日
  • 本田・本田・本田!ハットトリックで圧勝
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年6月8日

日本代表 試合リスト