最終予選という名のテストマッチ

ワールドカップ2010最終予選 日本-カタール

国際総合競技場(横浜) 2009年6月10日

JAPAN vs QATAR

1 - 1

得点: オウンゴール

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2009年6月10日

最終予選 しかし事実上のテストマッチ 新たな戦力の台頭はあるか

2009年6月10日 アジア最終予選 カタール戦 スタメンワールドカップ出場を決めたアウェーのウズベキスタン戦から4日後、ホームでの予選最終ゲームはグループ3位の可能性を残すカタール。
日本は不可解なレッドカードで2試合出場停止の長谷部、ケガの遠藤・長友らを欠く布陣。
退席処分を食らった岡田監督もスタンドから観戦し、ベンチを遠隔操作している。

序盤は流れるようなパスワークで主導権を握った日本。
俊輔が中盤でタメている間に猛然と右サイドを駆け上がった内田に俊輔からスルーパス。それを内田が深い所で受け、センタリング。ニアに走りこんだ岡崎をマークしていたカタールDFが戻りながらのディフェンスとなり、内田のクロスがこのDFにジャストミート!日本がラッキーなオウンゴールで先制!
2009年6月10日 カタール戦 得点シーン

しかし、これは鋭いクロスを送った内田としっかりニアに詰めていた岡崎の殊勲だ。
内田はその後も素晴らしいクロスを中央に送り続けていた。ウズベキスタン戦で体調不良の為、駒野にポジションを奪われたのが良い刺激になっているようだ。

その後は、もう勝つしか無いカタールがブラジル帰化選手中心になかなかのパスワークでアタックを展開。日本は注目のボランチ・コンビ阿部と橋本が性急に繋ぐ事に意識が傾き、ゲームに落ち着きをもたらせない状態が続く。

30分過ぎ。このコンビでは長谷部のような攻守に運動量で絡む仕事を求められた橋本が、ペナルティエリアに進入。左サイド今野のクロスに往年の名選手ラツィオのマンチーニのように左足のヒールでトリッキー合わせようとするがヒットせず、ゴールならず。橋本は周りのパサー達の技量を活かすべく、ポジショニングに気を使った動きを見せていたと思う。一方遠藤のようなバランサーの仕事を求められた阿部はフィットせず。これは阿部個人の力量が足りないわけでは無く、コンビネーション不足が原因だ。主軸の遠藤や長谷部ともっと実戦で絡ませて、阿部のスタイルをチームに還元して欲しい所。彼のするどいFKは遠藤とは又違ったテイストで、いつかきっとチームの役に立つと思うんだが・・・
急造の中盤が機能しない日本は守備でも後手を踏む展開が続き、前半終了。

本大会に向け、松井や本田らのタレントを融合していきたい日本代表

後半開始早々、タテパスに抜け出た相手と中澤が接触。これがPKの判定となり、PKも決められ1-1。
13分、阿部OUT⇒松井IN。

松井は左サイドからトリッキーなドリブルで数回個人突破をはかるが孤立し、ボールを奪われてしまう。周囲は松井が何かしてくれるのを立ち止まって傍観してしまっている。本来はおとりの動きで松井にスペースを作ってやったり、パスコースに顔を覗かせてやったりして松井の選択肢を増やしてあげないといけないはずだが、これも松井のチームへの合流時間の少なさからか彼の個性がチームとして活かしきれていない印象を受ける場面だ。

しかし、松井の投入により憲剛がボランチに下がりパスを捌きだした事で中盤に落ち着きが戻った日本。24分には、その憲剛が中盤の底から突如タテへ鋭いグラウンダーのパス。これを余裕でトラップした俊輔がDFライン裏の興梠に素早く送るが、シュートはGKがブロック。
得点にはならなかったが、憲剛のチェンジ・オブ・ペースといい、それに敏感に反応した俊輔からの閃きのラストパスといい見事な2人の中村のコンビネーションプレーだった。
36分にはその俊輔に代えて本田を投入。本田も周囲を使いつつ、自らもフィニッシュに持ち込むなど奮闘するが、松井同様まだチーム戦術として活かしきれていない印象だ。
そのままゲームは終了。

今後の試合では、俊輔+遠藤を中心としたチームとしての土台に、「憲剛-岡崎」のような新たなユニットをいくつオプションとして重ねて行く事ができるかが、本大会での成績のカギを握ることになるだろう。そういう意味で個性派の松井や本田には変にワクに嵌って欲しくないし、新たにイキの良い選手の登場も待たれる所だな。

ワールドカップ アジア最終予選 勝敗表・順位表 (2009年6月10日時点)

グループAは前節でワールドカップ南アフリカ大会出場を決めた日本がホームでドロー。
同じく出場を決めたオーストラリアはホームで3位を狙うバーレーンを葬り、3位争いは最終節バーレーンVSウズベキスタンの直接対決に委ねられた。

日本 1-1 カタール
オーストラリア 2-0 バーレーン

グループBはイランがUAEを下し、何とか望みを繋ぐ。
最終節のアウェーでの韓国戦はもう勝つしか無い。
イランが勝って、もうひとつのカード サウジアラビアVS北朝鮮がドローならイランが2位だ。
サウジと北朝鮮のどちらかが勝てば勝った方が2位。
アツいぜ。

イラン 1-0 UAE
韓国 0-0 サウジアラビア

ワールドカップ アジア最終予選 勝敗表・順位表 (2009年6月10日時点)

  • ストライカー 岡崎覚醒 本田も代表初得点
    長居スタジアム(大阪) 2009年5月27日
  • 本田が新背番号4とともに代表復帰!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年6月3日
  • プライドを賭けた戦い 東アジア選手権
    中国・重慶 2008年2月17日
  • 勝利で幕! アジア最終予選終了
    ドーハ(カタール) 2013年6月11日
  • 韓国とドロー 東アジア選手権優勝ならず
    中国・重慶 2008年2月23日
  • ダブル・ファンタジスタ シフト
    オーストリア・クラーゲンフルト 2007年9月11日
  • ダブルファンタジスタをテスト
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年5月27日
  • 舞い踊る雪とゴール W杯予選開幕!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年2月6日
  • 憲剛システムに手応えあり
    国立競技場(東京) 2009年5月31日
  • 本田、悪魔のブレ球FKでデンマーク撃沈!
    ルステンブルク(南ア)  2010年6月24日
  • ザック 迷える采配もワールドカップ王手!
    マスカット・オマーン 2012年11月14日
  • モチベーションの差
    平壌(北朝鮮) 2011年11月15日
  • 2013年初戦を快勝!
    ホームズスタジアム(神戸) 2013年2月6日
  • 全とっかえ!東アジア杯2戦目
    華城(韓国) 2013年7月25日
  • ホームで痛いドロー
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年10月15日

日本代表 試合リスト