またも世界最速!ワールドカップ出場決定

ワールドカップ2010最終予選 ウズベキスタン-日本

タシケント(ウズベキスタン) 2009年6月6日

UZBEKISTAN vs JAPAN

0 - 1

得点: 岡崎

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2009年6月6日

低レベルなレフェリーに悩まされつつも本大会出場を決める!

ワールドカップアジア最終予選 ウズベキスタン VS 日本 2009年6月6日 スタメン戦前は非公開練習をさせてもらえないとか、練習場がちゃんと伝えられない等、久々にアウェーの洗礼っぽい話題もあったこのワールドカップ アジア最終予選第6戦アウェーのウズベキスタン戦。日本は勝てばワールドカップ出場決定。ウズベキスタンはプレーオフ出場権に望みを繋ぐ為にも負けられない。
序盤からパスワークでボールポゼッションする日本が押し気味にゲームを掌握。
その流れから先制は日本。

9分、中央の憲剛がディフェンスライン越しの浮き球パスを送ると、右寄りに位置していた岡崎が抜群のタイミングで抜け出し競り合いの中、厳しい体勢からなんとかトラップし左足でシュート。これは一旦GKが防ぐが、シュート後に前に倒れつつもボールの行方を見失わなかった岡崎が執念でヘッドで押し込みゴール!
岡崎が執念でヘッドで押し込みゴール!

先制後は中盤で50:50のボールをことごとくウズベキスタンに拾われる日本。
シリア人のレフェリーによるホイッスルがホーム寄りな事もあり、ファウルでプレーが分断しがちな展開で、その都度ディフェンスで中盤が下がる為、なかなかラインを上げることが出来ず、最終ラインの中澤、闘莉王が跳ね返すシーンが続く。

ウズベキスタンは華麗なパスワークやコンビネーションこそ無いものの、ストライドの長いドリブルで日本ディフェンスをかわし、力づくでボールを運んでいく。陣形が崩れた日本は下がった俊輔などが無理な体勢からボール保持者にアタックするのでファウルがどうしても増える。そして又ウズベキスタンのセットプレーだ。
ウズベキスタンに流れから崩される雰囲気は無いが、セットプレーは別物。要注意だ。

後半開始。落ち着きを取り戻した日本は再びラインを押し上げ、パスワークによるポゼッションが復活。
しかし、負けられないウズベキスタンも必死だ。15分過ぎからは又ウズベキスタンの時間帯に。中盤でのセカンドボールが拾えない日本。そこをウズベキスタンに好きなようにされている。

20分には中盤が機能していないという判断からか、憲剛OUT、本田IN。
さらに23分、大久保OUT、矢野IN。
これは芝の問題もあり、パスワークが使えないと踏んで、自由にポジションチェンジする大久保の動きよりも、矢野を中央でターゲットマンとして固定し、矢野のポストプレーから展開を図ろうとしての起用だろうか。矢野は前線でがんばり、ポストプレーをまずまずこなし、中盤に時間的余裕をもたらしつつある。
そんな中、29分にゴールほぼ正面でFKを得た日本だが、俊輔の蹴ったボールはゴール右に逸れる。

30分頃からは中盤でウズベキスタンがボールを持っても、日本はますます組織で奪いに行けないようになって来る。選手交代の影響もあり守備の連動の精度が悪い。というか連動していない。その為個人でがんばるしかなくなり、ファウルから相手FKという展開だ。34分には日本左サイド寄りのFKからのボールが日本ゴールを掠め、その後もCKが連続してかなり苦しい時間帯となるが、楢崎のファインセーブや拙いフィニッシュにも助けられなんとか凌ぐ日本。

37分頃、中盤でファウルを受けた俊輔が急いでリスタートし、充分に距離を取らなかった相手に当たったボールをそのまま奪われるもプレーオン。俊輔も急ぐ必要は無いのだから時間稼ぎをしても良かった場面のはずだ。スタジアム内に時計が無く残り時間が分かっていないからだろうか。ベンチワークが問われる場面だった。
40分過ぎ。もうパス回しで時間稼ぎをしても良い時間帯だ。しかし日本は無理な体勢からフィニッシュし、簡単に跳ね返されてカウンターを食らっている。もうちょい、したたかになって欲しいね。
43分。長谷部が一発レッドで退場。相手選手にヒジ打ちしたと判定されたようだ。

さらに、ピッチの選手にライン際から指示を送っていただけの岡田監督も何故かレッドで退席!

ロスタイムに入った所で、俊輔OUT、阿部IN。ロスタイムは4分だ。ここでウズベキスタンがペナルティエリア内でシュートを放つが大きくワクを逸れる。
47分、ゴール正面やや遠めからウズベキスタンのFK。しかしこれもワクを逸れる。
48分にも中央に放り込まれたボールをペナ外からミドルシュートするもワクの外。

日本ディフェンス陣がなんとか踏ん張る中、試合終了。
前回大会に続き、また日本が世界で一番早くワールドカップへの切符を手にした。

「こんなレフェリーも居るのかな、というくらいビックリした」という岡田監督のコメント通り、後味の悪いゲームだった。まさにアジアレベルのレフェリング。日本協会は正式に抗議して欲しいね。ウズベキスタンが買収したとは思えないが、こんなことさせないようにアジア内での政治力を高めて欲しい。
しかし選手は良くがんばった。
後予選は2試合あるが、戦術熟成の為に有効に使って欲しいし、それ以外にもアジア以外の競合とのマッチメイクを進めて欲しい。オシム以降、世界トップ10とのゲームって無いはずだ。アジアカップ優勝を逃した為に、コンフェデレーションズ・カップに出場できないのが痛いな。競合と実戦で当たらずしてワールドカップ4位以内は無理でしょう。協会にはホント、がんばってもらいたい。

それにしても、やっぱりアジアの予選は何かとやっかいだな・・・・

本大会ではこんな低レベルなレフェリングは無いだろうが、したたかには戦って欲しい。

そして、ワールドカップからの帰国も世界最速にならないように、がんばって欲しいね。

ワールドカップ2010年南アフリカ大会出場を決める日本

ワールドカップ アジア最終予選 順位表・勝敗表 (2009年6月6日時点)

日本がアウェーでウズベキスタンに勝利。
オーストラリアもアウェーでカタールとスコアレスドローで、グループAからは日本とオーストラリアのワールドカップ南アフリカ大会出場が決定!
バーレーンは6/10に行われるアウェーのオーストラリア戦に引き分ければ3位以内がほぼ確定する。

グループBは混戦から韓国が抜け出し、本大会出場権を獲得。
後は脱落したUAE以外の3チームが依然混戦状態だ。

■グループA

ウズベキスタン 0-1 日本
カタール 0-0 ウズベキスタン

■グループB

北朝鮮 0-0 イラン
韓国 2-0 UAE

ワールドカップ アジア最終予選 順位表 (2009年6月6日時点)

  • ホーム初のワールドカップ出場決定!
    埼玉スタジアム 2013年6月4日
  • 神様との対決
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年9月11日
  • 気温38度! 灼熱のドロー
    マスカット・オマーン 2008年6月7日
  • ストライカー 岡崎覚醒 本田も代表初得点
    長居スタジアム(大阪) 2009年5月27日
  • 格下相手に快勝
    大阪(日本) 2013年9月6日
  • Wエースが韓国を粉砕!
    札幌ドーム(札幌) 2011年8月10日
  • W杯ベスト8常連国によるレッスン
    ベロオリゾンテ(ブラジル) 2013年6月22日
  • 日本 ベスト8ならず 守備的戦術の限界
    プレトリア(南ア) 2010年6月29日
  • 岡田第二次政権がスタート
    国立競技場(東京) 2008年1月26日
  • ザック 迷える采配もワールドカップ王手!
    マスカット・オマーン 2012年11月14日
  • 高原2発! 難敵UAEを撃破!
    ハノイ 2007年7月13日
  • 薄氷の勝利!見えてきた可能性
    ソウル(韓国) 2013年7月28日
  • タイを一蹴! 最終予選進出を決める
    バンコク・タイ 2008年6月14日
  • モチベーションの差
    平壌(北朝鮮) 2011年11月15日
  • 香川が代表初ゴール!
    ビッグスワンスタジアム(新潟) 2008年10月9日

日本代表 試合リスト