支配するも オーストラリアの壁を破れず

ワールドカップ2010予選 日本-オーストラリア

横浜国際総合競技場(横浜) 2009年2月11日

JAPAN vs AUSTRALIA

0 - 0

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2009年2月11日

グループ最大の敵 オーストラリアを迎えての決戦

5チームで争うワールドカップ アジア最終予選の前半最終戦はグループAの首位にして最強のオーストラリア戦。オーストラリア各選手はヨーロッパでの週末のリーグ戦を終えてから遠く離れた日本で合流。シーズン真っ只中の移動でほぼぶっつけ本番だ。日本は約1ヶ月トレーニングと実践をこなしてきた、とはいえ基本的に国内組はオフ明けだ。コンディション的には五分五分といって良いだろう。

日本ボールでキックオフ。

4分、内田からの浮き球を浅いバックラインから抜け出した田中が右サイド奥に持ち出し中央へグラウンダーのクロス。たまだがニアで合わせるも、惜しくもサイドネット。
6分にもオフサイドとなったが、長谷部-内田で裏に抜け出しかけている。

22分、又右サイドを抜けた田中のクロスのこぼれ球に駆けつけた俊輔が倒されFK。ペナ右外の絶好の位置だ。しかし俊輔が蹴ったボールはカベを超えてバーの上へ。
その後もFKが2本ほどあり、俊輔と遠藤がそれぞれ蹴ったが得点にはならず。

オーストラリアは慎重なディフェンスからのそれほど鋭くないカウンターで散発の攻撃をしかけてくるのみ。前半の終盤にケーヒルのミドルを食らった際は、ディフェンスがズルズルと下がって誰も付かず危なかったがボールは都築の正面で事無きを得た。

それにしても最終ラインこそ高いが、中盤でそれほどガチガチに来るわけでは無くシュートもケーヒルのミドル1本だけのオーストラリア。日本の実力を推し量っているようでもある。とはいえサイド(特に右サイド)での攻防は日本が優位。オーストラリアの両サイドバックがイエローカードをもらっているのが、何よりの証拠だ。

と、このまま前半終了。

高さで勝てない日本の攻撃パターンはボールを中盤でポゼッションしながら、一瞬のスキを付いて田中が抜け出て、ゴールライン際まで持ち出しグラウンダーのクロスを入れる。それと闘莉王からの精度の高いロングパスから誰かが抜け出る形。それとFKしかない。
本来はここに松井のドリブルが絡んで欲しいところだが・・・

後半が始まった。

相変わらずの日本ペースとも言える展開から時折深い位置からロングボールをゴール前に放り込んでくるオーストラリア。しかしそれほど脅威とはならない。前線に残っているオーストラリア選手が少ないからだ。

11分、いまいちフィットしていない松井がOUT⇒大久保IN。
12分にその大久保が左サイドからクロスを入れようとするがDFがカット。高いボールは通じないんだって!
この時間帯、立て続けに左CKを得た日本だが、単純なクロス放り込みは通じない。
もっと裏のスペースを使わないと。
19分玉田のキープから田中がペナに切れ込んで行ったがシュートできず。しかし、もうこの形しかない。続けるんだ。
対するオーストラリアもこれといった攻撃のアイディアがあるとは思えない淡白なサッカーに終始している。やはりコンディションはいまいちなのか、それともワンチャンスに賭けているんだろうか。

22分、左サイドの俊輔からのパスをDFを背負いながらペナ内で受けた大久保。反転からシュートもジャストミートせずGKがキャッチ。

24分、右サイド内田が中に切れ込み中央からスルスル駆け上がった遠藤にパス。いつになく猛スピードで走ってきた遠藤の強烈なシュートがゴールマウスをとらえるがGKがセーブ!
26分も右の内田からのクロスがゴールのニアサイドを襲い田中が詰めるが、ミートできず。

もう完全にサイドは日本が支配している。しかしそこから先が上手くいかない。フィニッシュだけなんだが。もうちょいタイミングやスペースのズレがあれば・・・
CKなども含め、立て続けにサイドから攻勢をかける日本だが、フィニッシュに持っていけない。

33分には左サイドを駆け上がった長友のクロスが中央でDFのマークをはずした玉田の頭をとらえるが、ジャストミートせず!

37分田中OUT⇒岡崎IN。
39分、オーストラリアも194cmのFWケネディを投入。ケーヒルとの交代だ。

41分、内田のクロスが右から上がると珍しく日本のプレーヤー3人程がペナルティエリアで待機、得点の匂いが高まる。
ファーで待ち構えた長谷部がなんとか当たり損ねのボレーで合わせたボールは中央の大久保に当たり、ゴールラインを割る。惜しいシーンだった。機を見て良いポジションに詰めた長谷部はさすがだが、もう少しまともに合わせていればなー。

ロスタイム3分はそれ程見せ場無く終了。
スコアレスドローだ。

明らかにゲームを支配していたのは日本、しかし勝てなかった。
次は来月にホームで曲者バーレーン戦。
おそらくバックラインは深くして来るはずだから裏にスペースは無い。今日のようなポゼッションからの飛び出しは通用しないぞ。

アジア仕様に切り替えるのか、それとも今日と同じく世界仕様で行くのか。

岡田監督の決断は?

ワールドカップ アジア最終予選 順位表 (2009年2月11日時点)

2月のシリーズ、結果は

■グループA

ウズベキスタン 0-1 バーレーン
日本 0-0 オーストラリア

■グループB

北朝鮮 1-0 サウジアラビア
イラン 1-1 韓国

ヌルいグループAでチンタラしている日本は順当に2位をキープ。
グループBじゃなくて本当に良かった。

そのグループBは激戦ですね。
それにしても北朝鮮がサウジを葬り去るとは・・・
アウェーでイランとドローの韓国もさすが。
グループBはおもしろいですねー。

日本もこんな痺れるグループでやって欲しかった、っていう気持ちもあると思いますよ。サッカーファンなら。

ワールドカップ アジア最終予選 順位表 (2009年2月11日時点)

  • 香川が代表初ゴール!
    ビッグスワンスタジアム(新潟) 2008年10月9日
  • 内田の代表初得点 バーレーンを沈める
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年6月22日
  • 進歩無き日本代表の現実
    埼玉スタジアム(埼玉) 2015年6月16日
  • 最終予選カタール戦のテスト
    ホームズスタジアム(神戸) 2008年11月13日
  • 2013年初戦を快勝!
    ホームズスタジアム(神戸) 2013年2月6日
  • ストライカー 岡崎覚醒 本田も代表初得点
    長居スタジアム(大阪) 2009年5月27日
  • サッカー王国のファンを魅了も敗戦
    レシフェ(ブラジル) 2013年6月19日
  • 岡田監督 決意の本田1トップが奏功!
    ブルームフォンテーン(南ア) 2010年6月14日
  • 日本代表 初戦を落とす!
    レシフェ(ブラジル)2014年6月14日
  • 豪州・日本ともに消化試合モード
    クリケットグラウンド(メルボルン) 2009年6月17日
  • 国立競技場ラストマッチ!
    国立競技場(東京) 2014年3月5日
  • 全とっかえ!東アジア杯2戦目
    華城(韓国) 2013年7月25日
  • ザック・ジャパン最終戦
    クイアバ(ブラジル)2014年6月24日
  • 120分の死闘! ライバルと最高の舞台で
    ドーハ(カタール) 2011年1月25日
  • 岡崎、魂の超低空ヘッドでドロー!
    タシケント 2011年9月6日

日本代表 試合リスト