2013年初戦を快勝!

キリンチャレンジカップ 日本-ラトビア

ホームズスタジアム(神戸) 2013年2月6日

JAPAN vs LATVIA

3 - 0

得点: 岡崎×2、本田

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2013年2月6日

ザックJAPAN 2013年初戦を快勝で飾る

日本代表2013年の初戦となったラトビア戦。
キャンプインして間もない国内組のコンディションに配慮してか、スタメンは今野を除き全て海外組というゴージャスな布陣。

注目は、これまで流れの中ではあったものの、正式なスターティング・ポジションとしてはあまり例のない1トップ岡崎とトップ下本田の組み合わせ。
そして、遠藤に代わって抜擢されたボランチ第3候補の細貝。

ボールを保持し、前線のコンビネーションに冴えを見せつつも得点が奪えない展開が続いた前半。
細貝はこれまでの公式戦で投入された時のバタバタ感こそ無いものの、攻めに工夫の無いラトビア相手では得意のボール奪取の見せ場も無くこれといったプラスアルファを感じさせずに地味な印象。よって、ゲームもメリハリの無い地味な展開。
岡崎は得意のウラを狙う動きや香川、本田らとのポジションチェンジでチャンスを伺うも、決定的な場面を作れずにいる。

やはりある程度前線でポストとなってボールを収めたり、中盤の底からスイッチのパスが出ないことにはゲームは動かない事が証明された。

それでも抜け目無くゴールを奪うのが岡崎。
前半41分、内田のシュートがややゴール手前にハズれた所に詰めた岡崎が右足のワンタッチでコースを変え、ゴール!
代表通算30得点目は史上最速だそうだ。

ポスト遠藤の課題

ハーフタイムに細貝OUT→遠藤IN、清武OUT→前田IN。。
これでザッケローニ監督ファーストチョイスのすっかりお馴染みとなった布陣に。

ここから日本代表のサッカーが劇的に変化。
ボールを散らしつつもここ一番ではラストパスも出せる遠藤のゲームコントロールと、相手の本気度に問題はあったものの前線でキープや組み立てに参加する前田の動き。この2つの要素が加わり、香川が輝きを見せる。
まずは後半15分、左サイドからのクロスで本田のループ気味のコントロール・ショットをアシスト。

続けざまに16分、遠藤がスイッチのパスを前線に送ると前田がラトビアDFを引き付けながらポストプレーで落とすと、フリーで前を向いた香川の足元にボールが。こうなると何でもできる香川。冷静にワンタッチでスルーパスを送り、岡崎の2点目を演出。

特に3点目はチームメイトを活かす香川のパスも見事だが、そこに至るまでの遠藤、前田の組み立てがあってこそのナイスなコンビネーション。

この域に到達するメンツを特にボランチでは遠藤以外にも欲しいところ。

ボランチと対照的に充実の2列目アタッカー

攻撃のコマでは、乾や初召集初出場となった大津がテストされた。
乾は得意の左サイドから小刻みなステップでのドリブルとシュートの意欲で存在感を見せ付けた。本田、香川のダブルエースに続く存在として、岡崎や清武と競う立ち位置を確実にした感がある。当面はスーパーサブ的な起用法になるだろうが、スタメンで長友や本田と絡むプレーも見てみたい。


大津は走り回っていたものの、タイミングや意図がかみ合わない場面も。代表は少ない時間ですり合わせないと生き残れないので厳しいが、ロンドン五輪で見せた思い切りの良さを代表でも出せるようになって欲しい。

3月は調整試合のカナダ戦を挟んで、いよいよ最終予選ヨルダン戦。
早目にワールドカップ出場権をゲットし、予選残り試合を新戦力と戦術のテストの場として有意義に使えるようにしたい。

  • ダブルファンタジスタをテスト
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年5月27日
  • ダブルエースがアベック・ゴール
    横浜(日本) 2013年9月10日
  • 格下相手に快勝
    大阪(日本) 2013年9月6日
  • またもバーレーン! 最終予選が開幕
    バーレーン・マナマ 2008年9月6日
  • ダブル・ファンタジスタ シフト
    オーストリア・クラーゲンフルト 2007年9月11日
  • サッカー王国のファンを魅了も敗戦
    レシフェ(ブラジル) 2013年6月19日
  • 俊輔のFK 黄金の左足がゴールを射抜く!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2009年3月28日
  • アウェーでカタールに快勝!
    ドーハ・カタール 2008年11月19日
  • ザック・ジャパン最終戦
    クイアバ(ブラジル)2014年6月24日
  • アジアの不条理 中東の笛!
    ドーハ(カタール) 2011年1月13日
  • 2013年初戦を快勝!
    ホームズスタジアム(神戸) 2013年2月6日
  • 豪州・日本ともに消化試合モード
    クリケットグラウンド(メルボルン) 2009年6月17日
  • 120分の死闘! ライバルと最高の舞台で
    ドーハ(カタール) 2011年1月25日
  • 余裕のブラジルに子ども扱い
    ブロツワフ(ポーランド) 2012年10月16日
  • 海外組の融合を進めるオシム
    エコパスタジアム(静岡) 2007年6月1日

日本代表 試合リスト