極東ダービー 宿敵韓国戦

国際親善試合 韓国-日本

ソウルW杯競技場(韓国) 2010年10月12日

KOREA vs JAPAN

0 - 0

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2010年10月12日

アウェーでも絶対に負けられない宿敵韓国戦

2010年10月12日 韓国-日本代表 スタメンホームでのアルゼンチン戦に続き、再び国際Aマッチデーを活用したザック・ジャパン第2戦はアウェーでの宿敵韓国戦。

数人が連動してのパス回しでテクニカルにゴールに迫り主導権を握った前半の日本。勝負所を見極めた個々人の戦術眼と屈強なフィジカルを活かした強引なイケイケ・サッカーで日本ゴールを脅かした後半の韓国。
前後半でそれぞれ異なる持ち味を発揮してのドロー。

あえて相手DFが密集するペナルティエリア内にドリブルを仕掛ける姿勢、フェイントにより自分でスペースを作り振幅の短いキックでのシュート、2人にまとわり付かれても奪われないボールキープ、フィジカルを活かしてのボール奪取からのカウンター、等々、本田が1人異次元のプレーを見せていた。
2010年10月12日 韓国戦 シュートを放つ本田

又、トリッキーなプレーで楽しませてくれた松井も際立っていた。
急造とは思えないフィット感を見せた、強さの栗原、読みの今野のセンタ-・バックもなかなか良い感じ。いつまでも中澤と闘莉王に頼ってられないからね。
韓国選手のペナルティ・エリア内での明らかなハンドをアピールする長谷部のキャプテンシーもナイス。アウェーの親善試合なんだから何もそこまで、とも感じたが、この真面目な熱さこそが長谷部の持ち味。あとはシュートを枠内に打ってくれれば・・・(苦笑)

2010年10月12日 韓国戦 抗議する日本代表キャプテン 長谷部

それと、アルゼンチン戦でケガをした岡崎とこの試合で相手と空中でもつれて腕を骨折した駒野は奮闘していただけに残念。共に今季絶望と言われているが心配です。早く元気な姿を見せて欲しい。

これら久々の代表戦で熱い活躍を見せてくれた選手達が居る反面、代表レベルとは思えないプレーでがっかりさせてくれた、途中出場の内田、細貝らには所属チームでのさらなるレベル・アップを望みたいところ。
プレーが軽率なんだよね・・・。

指揮した2戦で負け無し、ということでザッケローニの評価もまずまず。
というか、まだ色んな意味での本性は見えてきませんね。
来年1月のアジアカップで協会がどんなノルマを設定し、大会結果に対してどんな評価を与えるのか。
そしてその時、ザッケローニがどのような姿を見せるのか。
今から楽しみです。

2010年10月12日 韓国戦 指揮する日本代表監督 ザッケローニ

  • ストライカー 岡崎覚醒 本田も代表初得点
    長居スタジアム(大阪) 2009年5月27日
  • オシムの御前試合
    国立競技場(東京) 2008年1月30日
  • アウェーでフランスに初勝利
    パリ(フランス) 2012年10月12日
  • 国立競技場ラストマッチ!
    国立競技場(東京) 2014年3月5日
  • 韓国とドロー 東アジア選手権優勝ならず
    中国・重慶 2008年2月23日
  • Wエースが韓国を粉砕!
    札幌ドーム(札幌) 2011年8月10日
  • ホームで痛いドロー
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年10月15日
  • カミカゼシステムをテスト
    埼玉スタジアム(埼玉) 2007年6月5日
  • 最終予選という名のテストマッチ
    国際総合競技場(横浜) 2009年6月10日
  • 気温38度! 灼熱のドロー
    マスカット・オマーン 2008年6月7日
  • 岡田第二次政権がスタート
    国立競技場(東京) 2008年1月26日
  • 海外組の融合を進めるオシム
    エコパスタジアム(静岡) 2007年6月1日
  • アジアモードでの戦いがスタート!
    ドーハ(カタール) 2011年1月9日
  • ワールドカップ壮行試合
    埼玉スタジアム(埼玉) 2014年5月27日
  • 憲剛システムに手応えあり
    国立競技場(東京) 2009年5月31日

日本代表 試合リスト