ワールドカップ ベスト4のマニフェスト

国際親善試合 オランダ-日本

エンスヘーデ(オランダ) 2009年9月5日

NETHERLANDS vs JAPAN

3 - 0

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2009年9月5日

ワールドカップ南アフリカ大会出場を決めた日本代表がヨーロッパ遠征

国際親善試合 オランダ-日本 2009年9月5日 スタメン国際Aマッチデーでの開催という事で、ヨーロッパの新シーズン開幕間もないオランダ代表もほぼフルメンバー。戦前の予想では、3-0くらいでコテンパンにやられて課題が抽出できれば良い、くらいに思っていたが・・・
キックオフ直後から5分間は日本が詰めの早いプレッシングと奪ってからのタッチ数の少ない展開で、スピーディなゲームの主導権を握った。このペースがいつまで続くかと見ていたが、結局前半は多少当初のペースは落としつつもほとんどの時間帯で日本ペースのゲームが進行。時折ボールをキープしたときのオランダはさすがの迫力でゴールに向かってくるが、何とか凌ぐ日本。逆に単純なシュート数では日本が上回った位だ。しかも時間が経つにつれ、場内のブーイングとオランダ選手のイラ立ちが目立つようになり、スナイデルとデ・ヨンクは危険なタックルでイエローをもらう始末。又、時にはディフェンスラインまで下がって日本のサイドバックの上がりに応対していたロッベンやカイトも肝心の攻撃時に生彩を欠いている。日本の難点は、攻撃時にダイナミックなサイドチェンジが無いことや、玉田のパスミスが多い事くらいか。

フェイエノールト時代に師事したファン・マルバイク監督とファン・ペルシの応援?に駆けつけたボーフム(ブンデス・リーガ)の小野。

スタンドからはフェイエノールト時代に師事したファン・マルバイク監督と元同僚ファン・ペルシの応援に駆けつけたボーフム(ブンデス・リーガ)の小野の姿も。

 

後半はスタートから玉田OUT⇒本田IN。
前半は左にポジションを取っていた岡崎が1トップに入り、本田が2列目だ。
オランダもロッベンを下げ、FWのエリアを投入。GKも初代表だというフェルトハイゼンに代えてきた。
後半も前半と同様なペースで進んでいたが、降雨がかなりひどくなりゲームも膠着状態に。
その間重馬場となったピッチに徐々に体力を奪われたのか、日本の運動量が落ち始める。
そして、24分。セットプレー崩れの流れからファン・ペルシーが見事なボールコントロールでゴールゲット!

ファン・ペルシーが見事なボールコントロールでゴールゲット

 

続いて、28分。前半はカニ挟みタックルをお見舞いするほど熱くなっていたのがウソのように、ゴール前での冷静沈着ぶりを見せ付けたスナイデルのクールな一撃がネットを揺らし2点目。
もうガタガタの日本だが、ベンチにもピッチの選手にも打開策は皆無。
42分にはマークの甘さから簡単に3点目を献上してしまう体たらくだ。
日本は攻撃時に相変わらず前半と同様なパス回しから活路を見出すが、もうオランダも日本の出方を見切ったも同然な上、肝心の日本の運動量が落ちたとあっては、得点の匂いも無し。
結局こういった90分通してのペース配分というかゲーム戦術が、やはりオランダは2枚も3枚も上だった。日本としては相手が様子見している前半の早めに得点し、優位にゲームを進めたいところだったが・・・
こんなんでワールドカップ本大会でベスト4入り!というマニフェストは実現できるんでしょうか?

ワールドカップ本大会でベスト4入り!というマニフェストは実現できるんでしょうか

  • 無策!10人の相手から勝ち点3奪えず
    ナタル(ブラジル)2014年6月19日
  • サッカー王国のファンを魅了も敗戦
    レシフェ(ブラジル) 2013年6月19日
  • カミカゼシステムをテスト
    埼玉スタジアム(埼玉) 2007年6月5日
  • 暫定ヒロミジャパン快勝
    日産スタジアム(横浜) 2010年9月4日
  • 松井大輔 オシム・ジャパン初選出
    オーストリア・クラーゲンフルト 2007年9月7日
  • 憲剛システムに手応えあり
    国立競技場(東京) 2009年5月31日
  • ホームで難敵オマーンを撃破!
    日産スタジアム(横浜) 2008年6月2日
  • 俊輔のFK 黄金の左足がゴールを射抜く!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2009年3月28日
  • アジアならではのアウェー戦 重慶の笛
    中国・重慶 2008年2月22日
  • ザック・ジャパン最終戦
    クイアバ(ブラジル)2014年6月24日
  • 最終予選という名のテストマッチ
    国際総合競技場(横浜) 2009年6月10日
  • 極東ダービー 宿敵韓国戦
    ソウルW杯競技場(韓国) 2010年10月12日
  • ロスタイムに決勝点! アジア3次予選開幕
    埼玉スタジアム(埼玉) 2011年9月2日
  • 薄氷の勝利!見えてきた可能性
    ソウル(韓国) 2013年7月28日
  • 国立競技場ラストマッチ!
    国立競技場(東京) 2014年3月5日

日本代表 試合リスト