オシムの御前試合

キリンチャレンジカップ 日本-ボスニアヘルツェゴビナ

国立競技場(東京) 2008年1月30日

JAPAN vs BOSNIA

3 - 0

得点:中澤、山瀬×2

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2008年1月30日

岡田監督の第2戦目はオシムの御前試合となったボスニア戦

前日本代表監督オシムの御前試合となったボスニア戦。
スタメンには内田がチリ戦に続き登場。
そして大久保がなんとダイヤモンド型中盤のトップ下に。

前回同様に立ち上がりはテンポ良くワンタッチでパスがつながり、ペナルティ・アーク付近で遠藤がボールをトラップ・・・・・そして・・・・

やっぱりパスしやがった。

もう”持病”だな。

まさか、アジアのライバル国に「日本の中盤はシュートを打たない」というスカウティング情報を浸透させといて、本番の予選では裏をかいてバンバン シュート打ち出したりするという遠大なプランでもあるかのようだ。

そして再三肉弾戦で痛んだ巻がOUT。山瀬IN。
この交代で大久保がFWにあがり、山瀬がトップ下に。この山瀬、さすが典型的な攻撃的MFという感じでシュートの意識も旺盛だ。こうでなくちゃ。

いやそれにしても左サイドに流れて左足でクロスあげた中村憲剛、うまかったな。
本当にエレガントなプレーヤーだ。詰まったらすぐルックアップして逆サイドに展開する視野の広さを見せていた。

後半も早々に右からのクロスを高原がスルーしてウラの山瀬が左足ノー・トラップでシュート!惜しくもあたり損ねたが3人目の動きが出てきている。チームのコンビネーションもチリ戦よりは向上しているようだ。

内田がサイドから中に切れ込んで高原とのワンツーからペナルティ・エリアに突入しようかという積極性を再三見せている。これは加地には無かった動きだ。
勿論加地もそうしたプレーはするが、それはあくまでも「フェイク」。
内田の場合は「本気」なのだ。
こうしたプレーが最終予選の苦しい場面できっと実を結ぶにちがいない・・・
そんな期待を抱かせる若々しいプレーで気持ち良いです。

そんな中20分過ぎに遠藤の右CKからフリーに抜け出た山瀬のシュートの当たり損ねがGKの前にこぼれて来たのを中澤が左足で決めた。
第二次岡田体制の初GOOLだ。代表12ゴール目だって。すごいDFだな。

あと20分少々。
ここからの課題は失点しない事とエース高原のゴールだ。

と思って見ていたら中村憲剛OUT、今野IN。

今野と鈴木のダブルボランチで中盤は右に山瀬、左に遠藤が開くボックス型に。大久保が若干トップ下気味にも見える。
で1トップ気味になった高原に右からクロスが入るがDF2枚に挟まれては仕事はできまい。
足のコンディションも悪そうだ。
ここでとうとう高原OUT、播戸IN。
するとスクランブル出場以来、GOOLへの意欲を強く感じさせていた山瀬が中盤に下がっていた大久保のスルーパスに絶妙のタイミングで抜け出てGKとの1対1を冷静に決めて2点目!

と書いている最中にまたも山瀬が3点目を決めた。
セットプレーのFKを幡戸がDFと競って落とした所に良く駆け込んでたな山瀬。さすがだ。

最後に今野を入れたのは守備的シフトのテストと思うが特に破綻も無く終了。
岡田監督も鈴木を中心にしたボランチとDFで構築するディフェンスには手応えを感じているようだ。

さあ、この2戦を通じての選手起用で来週のタイ戦に臨む15人が見えてきたな。

  • 無策!10人の相手から勝ち点3奪えず
    ナタル(ブラジル)2014年6月19日
  • 国立競技場ラストマッチ!
    国立競技場(東京) 2014年3月5日
  • カミカゼシステムをテスト
    埼玉スタジアム(埼玉) 2007年6月5日
  • アウェーで王国に完敗!
    ブラジリア(ブラジル) 2013年6月15日
  • 小野を召集 最終テストか?
    札幌ドーム(札幌) 2008年8月20日
  • 岡田監督 決意の本田1トップが奏功!
    ブルームフォンテーン(南ア) 2010年6月14日
  • ホームで痛いドロー
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年10月15日
  • またもバーレーン! 最終予選が開幕
    バーレーン・マナマ 2008年9月6日
  • ダブルエースがアベック・ゴール
    横浜(日本) 2013年9月10日
  • 敵はオーストラリアとレフェリー
    ブリスベン(オーストラリア) 2012年6月12日
  • またも世界最速!ワールドカップ出場決定
    タシケント(ウズベキスタン) 2009年6月6日
  • 進歩無き日本代表の現実
    埼玉スタジアム(埼玉) 2015年6月16日
  • 暫定ヒロミジャパン快勝
    日産スタジアム(横浜) 2010年9月4日
  • アウェーで4発快勝 最終予選進出が決定
    ドゥシャンベ(タジキスタン) 2011年11月11日
  • 極東ダービー 宿敵韓国戦
    ソウルW杯競技場(韓国) 2010年10月12日

日本代表 試合リスト