薄氷の勝利!見えてきた可能性

東アジアカップ2013 韓国-日本

ソウル(韓国) 2013年7月28日

KOREA vs JAPAN

1 - 2

得点: 柿谷2

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2013年7月28日

勝利とテストの二兎を追うザッケローニ

東アジアカップ最終戦。
日本代表は開催国の韓国との対戦。
海外組を除く国内の若手中心メンバーで臨んだテスト的要素の強い日本代表ではあるが、相手が韓国でさらに勝てば東アジアカップ初優勝ということで、テストしながら勝ちにも拘りを見せたザッケローニ監督が送り出したスタメンは第一戦の中国戦と全く同じメンバー。
つまり彼らがザックの考えるA代表ならぬB代表といったところか。

2戦をスコアレスドローで終えた韓国は、宿敵日本を相手にホン・ミョンボ監督へ初勝利をプレゼントするべくロングボール主体の大味ながら怒涛の攻撃を展開。
守勢に回る日本代表だが前半25分、ボランチ青山が最前線にロングパスをフィード。フリーで抜け出した柿谷がドリブルでゴール前へ持ち込み、GKとの1対1からゴール左隅に流し込む冷静なシュート。これが決まり日本代表が先制!

しかし、33分には韓国にミドルシュートを決められ1-1の同点に。
日本、韓国ともに急造チームだからか連携が決まらない中、個人技を見せ合ってのイーブンでハーフタイムに。

後半に突入すると、7分槙野OUT→徳永IN。徳永は右サイドバックに回り、駒野が左に移動。前半から再三危険地帯となっていた左サイドの守りを強化する。
前半同様、ゲームは韓国ペース。日本代表も時折チャンスを迎えるも、攻撃陣の呼吸が合わず決定機に至らない。

後半25分、工藤OUT→山田IN。
後半43分、高萩OUT→豊田IN。
交代のカードで打開を図る日本代表だが、なかなか流れを引き寄せられない。
1日休みが多いはずの韓国も次第に疲れからかキレを失い、時間の経過と共にドローの空気が流れた後半アディショナルタイム。

GK西川の正確なフィードを駒野が繋ぎ原口へ。槙野のカバーなどで相当走らされ疲れのピークにあるはずの原口が最後の力を振り絞った覚悟のドリブルでペナルティエリアに持ち込み左足シュート。この強烈なシュートをGKが弾いたボールが豊田投入で1列下がっていた垣谷に足元に。これを柿谷が冷静に左足でミートし、日本代表が勝ち越す!
終了間際の大ピンチには、豊田がその高さを活かしたヘッドで日本ゴールライン際のボールをクリアするという場面も見られ、結果的に豊田投入がハマった日本代表が1-2で韓国を下し東アジアカップ初優勝を決めた。

セレクション終了 日本代表再構築は第2段階へ

東アジアカップを優勝で終えた日本代表。
大会MVPには山口が選出され、3得点の柿谷は得点王に輝いた。
とはいえ、終始攻められっ放しのこの韓国戦はとても褒められた内容ではない。
優勝で浮かれる一部マスコミには違和感を感じる。そもそも今大会はテストでありセレクション。
チームとしての結果よりも個人の才能をどれだけ見せられたかが重要なのだ。

そして、日本代表再構築は第2段階へ。
次戦、親善試合ウルグアイ戦にこの東アジアカップ組から誰が召集されるのか。

アジア相手ではあるが、カウンターからの一騎駆けという今までの日本代表に無かった形を見せた柿谷を最有力として、ザック好みの豊田、安定したプレーを見せた森繁らが当確候補か。
彼らには、既存代表のマンネリムードを打破すべく、新鮮な風を吹き込んでもらいたい。

  • 薄氷の勝利!見えてきた可能性
    ソウル(韓国) 2013年7月28日
  • 日本代表 初戦を落とす!
    レシフェ(ブラジル)2014年6月14日
  • 国立競技場ラストマッチ!
    国立競技場(東京) 2014年3月5日
  • 小野を召集 最終テストか?
    札幌ドーム(札幌) 2008年8月20日
  • 神様との対決
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年9月11日
  • プライドを賭けた戦い 東アジア選手権
    中国・重慶 2008年2月17日
  • ザック・ジャパン最終戦
    クイアバ(ブラジル)2014年6月24日
  • アジアモードでの戦いがスタート!
    ドーハ(カタール) 2011年1月9日
  • ダブル・ファンタジスタ シフト
    オーストリア・クラーゲンフルト 2007年9月11日
  • 本田、悪魔のブレ球FKでデンマーク撃沈!
    ルステンブルク(南ア)  2010年6月24日
  • ホーム初のワールドカップ出場決定!
    埼玉スタジアム 2013年6月4日
  • Wエースが韓国を粉砕!
    札幌ドーム(札幌) 2011年8月10日
  • 低調な欧州遠征第一弾
    セルビア 2013年10月11日
  • 敵はオーストラリアとレフェリー
    ブリスベン(オーストラリア) 2012年6月12日
  • 本田が不在!トップ下問題が再燃
    ドーハ(カタール) 2013年3月22日

日本代表 試合リスト