全とっかえ!東アジア杯2戦目

東アジアカップ2013 オーストラリア-日本

華城(韓国) 2013年7月25日

AUSTRALIA vs JAPAN

2 - 3

得点: 斉藤、大迫2

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2013年7月25日

東アジアカップという名の選考会

東アジアカップ 日本代表の第2戦。
相手は今大会ゲスト参加しているオーストラリア。
もちろん天敵ケーヒルらは不在。オーストラリアも新戦力テストの色合いが濃い。

日本代表は第1戦の中国戦からメンバーを全員入れ替え。
これでGK林以外の全員が出場となった東アジアカップの日本代表。ますます選手選考会の様相を帯びてきた。
キャプテンマークはザックジャパンの”古参”高橋が巻いた。

Jリーグで好調の選手がらしさを発揮

中国戦同様に、いやそれ以上の急造メンバーでありながら、同じく急造と思しきオーストラリアのルーズなマークや拙攻にも助けられゲームは日本代表ペース。
ボランチがボールを捌くシーンが増え、落ち着いた展開で進められるようになった。

先制点は日本代表。それまでもドリブルで見せ場を作っていた斉藤だ。
26分、ペナルティーエリア左手前でパスを受けた斉藤が得意の横移動ドリブルで持ち込み、エリア内に進入すると繊細なタッチのチップキック。これが決まり日本先制!前半をそのまま1点リードで終える。 

後半に入り11分、豊田のポストプレーから斉藤がスルーしたボールを大迫が冷静に持ち込みフィニッシュ。日本代表2点目!
後半30分以降、攻勢を増してきたオーストラリアに立て続けに決められ2-2となるも、直後にまたもや豊田のポストプレーのリターンをもらった大迫が右足を振り抜き日本代表3点目。これが決勝点となり、日本代表がオーストラリアを破り今大会1初勝利を飾った。

さすがの得点感覚を見せる大迫は不慣れなトップ下ながら2得点とアピール。
しかし、タレントがひしめく2列目だけに、大迫の評価も難しいところ。
やはり注目は1トップの豊田。
得点こそなかったが、山田のクロスに合わせたヘディングシュートや大迫の2得点を引き出したポストプレーなど、大型FWとしての仕事をキッチリ果たした。今後コンスタントに召集されるだろう。ライバルはハーフナーか。

日本代表はこのあと、中2日で開催国 韓国と対戦。
ホームの韓国はここまで2戦ともスコアレスドロー。中3日の休養が与えられた万全のホームアドバンテージを活かし、新監督に就任した洪 明甫の初勝利を狙う。

選手選考も大事だが、韓国には負けられない!

  • またもバーレーン! 最終予選が開幕
    バーレーン・マナマ 2008年9月6日
  • 韓国とドロー 東アジア選手権優勝ならず
    中国・重慶 2008年2月23日
  • カミカゼシステムをテスト
    埼玉スタジアム(埼玉) 2007年6月5日
  • 無策!10人の相手から勝ち点3奪えず
    ナタル(ブラジル)2014年6月19日
  • オシムの遠大な野望
    横浜国際競技場(横浜) 2007年3月24日
  • W杯ブラジル大会のラストセレクション
    ソウル(韓国) 2013年7月21日
  • 岡崎、魂の超低空ヘッドでドロー!
    タシケント 2011年9月6日
  • 余裕のブラジルに子ども扱い
    ブロツワフ(ポーランド) 2012年10月16日
  • 最終予選に不安
    豊田スタジアム(愛知) 2012年2月29日
  • マナマの屈辱! 3バック機能せず
    バーレーン・マナマ 2008年3月26日
  • サウジに屈し、決勝進出ならず
    ハノイ 2007年7月25日
  • ダブル・ファンタジスタ シフト
    オーストリア・クラーゲンフルト 2007年9月11日
  • 進歩無き日本代表の現実
    埼玉スタジアム(埼玉) 2015年6月16日
  • プライドを賭けた戦い 東アジア選手権
    中国・重慶 2008年2月17日
  • アウェーでフランスに初勝利
    パリ(フランス) 2012年10月12日

日本代表 試合リスト