韓国とドロー 東アジア選手権優勝ならず

東アジア選手権2008 韓国-日本

中国・重慶 2008年2月23日

KOREA vs JAPAN

1 - 1

得点:山瀬

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2008年2月23日

テストの意味合いが濃い事実上の東アジア選手権 決勝戦

前田、岩政、駒野にカンフーキックに倒れた安田と、けが人続出の日本。久々の韓国人監督の元、国内組のみでチームの基礎を築く段階の韓国。
理由は違えど両国ともにテストの意味合いが濃い”決勝戦”となった。

3分頃右サイドからのクロスを韓国MFキム・ナミルがペナルティ・エリア手前からボレーで強シュート。川口の正面に飛び、冷静にキャッチ。ゴールにこそならなかったが、枠に飛ばす技術、そして何よりもゴールを狙う姿勢・ゴールへの意欲が素晴らしい。
逆に日本はテクニックを活かしたワンタッチ・パスを繋いでペナまで進出するものの、勝負の意識が足りず最後をシュートで終われない。

そんな中14分、左サイド奥からのクロスにヨム・ギフンが上手く左足で合わせて韓国が先制。
簡単に上げさせたセンタリングといい甘かった中央の守備といい、失点して当然とも言えるシチュエーションながらテクニカルに合わせたヨム・ギフンもさすがだ。日本は今野の寄せが弱かったか?

16分中村憲剛が40m級のミドルを放つとボールは惜しくもポストを叩く。
そうそう、それだよ。

33分、セットプレー絡みから山瀬のシュートがブロックされ、こぼれを中村が左足でシュート。枠には行くがGKがフィスティングでセーブ!

日本は1トップの田代を利用できていない。
たまに田代がボールを持ってもフォローが足りず、孤立した田代はみるみるうちに韓国DFに包囲されてしまっている。
なかなかリズムを掴めない日本に対して韓国もあまり無理に仕掛けることがなくなり、わざと日本にボールを持たせているようにも見える。

43分右サイドから内田が中央にドリブル、山瀬がヒールで落としてワンツーが決まりペナルティ・エリアに進出するがDFに寄せられシュートできず!
内田の持ち味が出た惜しいシーンだった。
そのまま前半終了。

後半に入ると中村のポジショニングが若干高めに。
それにより余裕が生まれたのか、内田が右サイド深くえぐってセンタリングするもDFにカットされCKに。
10分過ぎ、このCKからようやく空の王者田代がヘッドで合わせるもゴール左に逸れる。
そして17分、中村OUT、安田IN。
20分、ボールを持った安田が右からえぐる。
このプレーで得た22分の遠藤によるグラウンダーの右CKから内田経由で山瀬にパスが繋がり、これをインステップでシュート。
強烈なミドルが見事ネットに突き刺さり、同点!!

27分中央に進出した内田が倒されFKを獲得。
ペナルティ・アークちょい右から遠藤が打つも壁に阻まれる。

33分橋本OUT矢野IN。
ターゲットとして一人孤独な戦いを強いられた田代がこれで韓国DFのマークから開放されるようになるか?
とにかく岡田監督はこの交代で2トップにし、攻めの意図を明確にしたわけだ。
残り15分程。
W杯予選でもどうしても決勝点が必要な場面は訪れる。
もうパワープレーで良い状態だ。
それでもなかなか前線にクロスが入らない。
この辺は配給役の中村が退いた影響なのか?
ターゲットを増やすには、パサーを削らねばならない。難しい所だ。

日本の攻勢に対して韓国は時折カウンターで危ない場面を作るが、水際で中澤が体を張って凌ぐ。

41分山瀬OUT、播戸IN。
2トップとなり居所を失っていた山瀬に代わったこの交代。
早めに入れたクロスをツインタワーが競った所に播戸が食いつくという意図だろう。
もうこうなったら戦術よりもゴールをもぎ取る!という原初的な本能に賭けるしかない。
しかし、なかなかクロスを上げれない日本。
そしてロスタイムを2分程見たところで、レフェリーの笛が響き渡った。

優勝を逃した日本代表 ワールドカップ予選への課題

試合終了直後、早めに切り上げた岡田監督のインタビューからは悔しそうな様子が見て取れた。
今大会をどう総括してくれるのか楽しみに待とう。

個人的な感想としては・・・
(あくまでも今大会は普段出場に恵まれない選手達のテストの場、という大前提はあるが)

①日本はアジア・レベルでも両ゴール前が弱い。
なので、1トップは厳しいかも。
ただ、戦術オプションとしては持っておきたいし、山瀬も1トップ下としての適正が高そうなだけに、もっと1トップを活かすやり方を考えないと。
DFも岩政がどの程度できるか見てみたかった。
②内田、安田に使えるメドついた。
共にディフェンス面で不安もあるが攻撃センスは抜群だ。
この2人の成長を促せば、今後10年は安泰だ。
③左利きが欲しい。
セットプレーがあまりに一本調子だった。
④山瀬を”10番”固定で行こう!
俊輔にも安穏として欲しくないしね。

ま、他にも色々あるけどな。

W杯予選の次戦はアウェーのバーレーン戦。

楽しみです。

  • 憲剛システムに手応えあり
    国立競技場(東京) 2009年5月31日
  • 無策!10人の相手から勝ち点3奪えず
    ナタル(ブラジル)2014年6月19日
  • 韓国とドロー 東アジア選手権優勝ならず
    中国・重慶 2008年2月23日
  • アウェーでカタールに快勝!
    ドーハ・カタール 2008年11月19日
  • ワールドカップ予選に向け新布陣をテスト
    豊田スタジアム(愛知) 2008年5月24日
  • 俊輔のFK 黄金の左足がゴールを射抜く!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2009年3月28日
  • ロスタイムに決勝点! アジア3次予選開幕
    埼玉スタジアム(埼玉) 2011年9月2日
  • 2013年初戦を快勝!
    ホームズスタジアム(神戸) 2013年2月6日
  • ワールドカップ壮行試合
    埼玉スタジアム(埼玉) 2014年5月27日
  • アジアカップ終戦.....しかし戦いは続く
    ジャカルタ 2007年7月28日
  • またも世界最速!ワールドカップ出場決定
    タシケント(ウズベキスタン) 2009年6月6日
  • カミカゼシステムをテスト
    埼玉スタジアム(埼玉) 2007年6月5日
  • 最終予選カタール戦のテスト
    ホームズスタジアム(神戸) 2008年11月13日
  • W杯ブラジル大会のラストセレクション
    ソウル(韓国) 2013年7月21日
  • 日本 ベスト8ならず 守備的戦術の限界
    プレトリア(南ア) 2010年6月29日

日本代表 試合リスト