アジアならではのアウェー戦 重慶の笛

東アジア選手権2008 中国-日本

中国・重慶 2008年2月22日

CHINA vs JAPAN

0 - 1

得点:山瀬

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2008年2月22日

山瀬、田代ら新戦力が奮闘

東アジア選手権第2戦。日本代表はホームの中国と対戦。

序盤、中盤でボールを奪ったらとにかくグラウンダーでも浮き球でも前線に送って、FWとDFのフィジカル勝負に持ち込もうとする中国のキック・アンド・ラッシュ戦法(悪く言えば一か八か戦法)に押されているように見えた日本だが、徐々にせボールを繋いでサイドに展開するという意図のある攻撃を見せ始める。

そうそう、これを続けるんだ・・・
と、思っていたら15分過ぎ、左サイドのオープン・スペース深くドリブルで進出した駒野が左足で低いクロス。
そこにニアで走りこんだ田代が潰れ役となり、こぼれたボールにきっちり詰めていた山瀬が冷静に持ち直してからシュート!
これが決まり、日本が先制。

しかし、これ以外は見せ場無くむしろ押し込まれた展開で前半終了。

それにしても山瀬イイね~。

ボールキープが苦しい場面でスグに誰かにパスするんではなく、味方のフォローがあるまでキープして耐えたり、逆に勝負を仕掛けて行ったりと、自分で責任を持って最後まで仕事をやりきるという姿勢が、良い。
誰かとは大違いだ・・・・

後半スタートから駒野OUT、加地IN。
駒野は存在感を見せたのに加え、ケガ?もありお役御免となったようだ。

53分過ぎ、中盤からのロビングに安田がタイミング良く飛び出しGKと1対1となったがGKのカンフー・キックに止められる。
中国4000年のカンフーキックを喰らう安田

コントロールを失ったレフェリー マリーシアの足りない日本代表

安田がタンカで搬出される間にペナルティ・アークからのFKを遠藤が蹴るが、惜しくもゴール・マウス右に外れる。
そして右わき腹を押さえて苦悶する安田に代わり羽生IN。
この辺りからレフェリーの不可解な判定が目立ち始める。


終盤、敵陣深くで中国DFともつれた鈴木。
先に手を出したのは相手なのだから、その時点で大げさに倒れれば良かったのに。
やり返すのは良くないな。
南米系選手のようなふてぶてしさを学んで欲しい。
チーム全体としても、ロスタイム5分もあるんだからボール持ったらコーナーに持っていってキープすれば良いじゃないか。
全盛期のアントラーズなんかいつもやってたのに。
時間を消化すると共に、相手のあせりを誘う立派な戦術だぞ。

ワールドカップ予選はホーム&アウェー。
今日のようなジャッジは当たり前だと思って、それなりに対処して欲しいね。

それにしてもワケ分からないオフサイドやたら多かったな。
田代のアレはゴールでしょ?

  • 最終予選カタール戦のテスト
    ホームズスタジアム(神戸) 2008年11月13日
  • 香川が代表初ゴール!
    ビッグスワンスタジアム(新潟) 2008年10月9日
  • アジアカップ開幕!東南アジアの熱波
    ハノイ 2007年7月9日
  • ワールドカップ ベスト4のマニフェスト
    エンスヘーデ(オランダ) 2009年9月5日
  • プライドを賭けた戦い 東アジア選手権
    中国・重慶 2008年2月17日
  • 2013年初戦を快勝!
    ホームズスタジアム(神戸) 2013年2月6日
  • 無策!10人の相手から勝ち点3奪えず
    ナタル(ブラジル)2014年6月19日
  • アウェーで王国に完敗!
    ブラジリア(ブラジル) 2013年6月15日
  • 国立競技場ラストマッチ!
    国立競技場(東京) 2014年3月5日
  • 格下相手に快勝
    大阪(日本) 2013年9月6日
  • アジアモードでの戦いがスタート!
    ドーハ(カタール) 2011年1月9日
  • 豪州・日本ともに消化試合モード
    クリケットグラウンド(メルボルン) 2009年6月17日
  • 準々決勝 オーストラリアをPK戦で退ける
    ハノイ 2007年7月21日
  • モチベーションの差
    平壌(北朝鮮) 2011年11月15日
  • タイを一蹴! 最終予選進出を決める
    バンコク・タイ 2008年6月14日

日本代表 試合リスト