日本代表 初戦を落とす!

ワールドカップ2014 グループC 日本 – コートジボワール

レシフェ(ブラジル)2014年6月14日

JAPAN vs COTE D'IVOIRE

1- 2

得点:本田

青い悪夢
  • 2014年6月14日

大エース ドログバの存在感に圧倒された日本代表


いよいよ開幕したワールドカップ2014ブラジル大会。日本代表の初戦は、ドログバ擁するアフリカの雄コートジボワール戦。
注目のスタメンは、大迫の1トップ、長谷部と山口のボランチコンビ、森重をCBの一角に抜擢したザック・ジャパンの基本路線に若干の修正を加えたもの。ボランチは直前のテストマッチを欠場した長谷部のコンディション不安と昨秋の欧州遠征で手応えを掴んだ遠藤の後半投入をにらんだものだし、今野に変えての森重はフィジカル勝負となった際の高さを考慮してのものだろう。大迫のスタメンだけが、テストマッチでも目に見える結果が出ていないだけに少々意外ではある。
コートジボワールもエースのドログバをベンチに温存。ラムシ監督の真意は不明だが、ベンチにドログバが居るということが逆に不気味なプレッシャーを日本代表に与えている。

雨の降る中、試合は両チームとも慎重な出だし。時差12時間の日本のTV視聴を考慮して異例の午後10時キックオフという時間にもかかわらず高温多湿の環境を鑑みてか、ボール保持者に極端なプレスは掛けずに適当な間隔で様子見するような対処となっている。
日本代表は得意のパスを繋いでいこうとするが、左サイドの香川が再三守備に追われポジションを低く下げさせられていることもあり連動性に欠け、トップの大迫にボールが入ってもコンビネーションの問題からか大迫からのパスが本田や岡崎に渡らずカットされカウンターを浴びるシーンが続く。そのため、効果的にディフェンスラインを上げることができず、対応が後手後手になる悪循環を生んでいる。
しかし意外にも先制点は日本代表。
16分、左サイド奥のスローインから長友がペナルティエリアに侵入しつつある本田にパス。パスを受けた本田が最近の低調なパフォーマンスからは想像もできない好調時のキレのあるダイナミックな動きを見せて左足の強烈なシュートをゴールに突き刺す。

その後21分に好調の内田がドリブルで持ち上がりフェイントで左足に持ち替えてのシュートやその直後の本田がミドルでゴール枠内に飛ばす惜しいシーンも見られたが、攻撃の見せ場はここまで。以降はほとんどコートジボワールに主導権を握られて前半を終える。

後半に入り54分に長谷部OUT⇒遠藤IN。これはプラン通りだろう。
一進一退の渋い展開が続く中、潮目が変わったのは62分のドログバ投入。一気に会場のテンションが高まり、日本代表DF陣の意識も自然とドログバ中心に傾いていく。
そして直後の64分と66分。
日本の左サイドを破ったオーリエが上げたアーリークロスから日本代表が連続失点。あっという間に1-2と逆転される。どちらの場面も簡単にクロスを上げさせていたところに問題がある。これは受け手のドログバを意識し過ぎて、出所を抑えきれなかったことが要因だろう。

流れを掴んだコートジボワールに対し、日本代表はザッケローニ監督の采配も混乱。
67分に大迫OUT⇒大久保IN、本田をトップに上げて香川をトップ下、大久保を左サイドに。
86分に香川OUT⇒柿谷IN。柿谷をトップにし、本田をトップ下に戻す。さらに終盤には、4年間積み上げてきたポゼッションからパスを繋いで崩して攻めきる自分達のサッカーを放棄するような、吉田を前線に上げてのパワープレイを試みるも不発。
巧みに時間稼ぎで時計の針を進めるコートジボワールの術中にはまり試合終了。
日本代表は大事な初戦で勝ち点を得ることができなかった。

「自分たちのサッカー」の落とし穴

南アフリカ大会の守備的なチームではベスト8以上に進めないという判断からザッケローニを迎えての攻撃的サッカーを目指したはずの日本代表。相手の戦術や調子によってはハマることもあったが、そうで無くなった時に打つ手はゼロ。ここが最大のネックだ。
選手たちが良く言う「自分たちのサッカーができれば」というフレーズ。
勿論それが出来るにに越したことは無いが、サッカーは相手との相関関係で無限の展開が想定されるスポーツ。例え強国のブラジルやドイツであろうと、いつも「自分たちのサッカー」ができるわけでは無い。それでも彼らが勝てるのは何故か。それは「自分たちのサッカー」ができない場合のオプションを持っているからだろう。それはチーム戦術としてもそうだし、個人戦術にも当てはまる。
日本代表はどうか。
オプションが全くないのだ。
なので、思うように展開できない時に打つ手が無くなってしまう。
さらに、このゲームでは攻撃的な姿勢も感じることができなかった。
守備に追われたのもあるが香川が精彩を欠き、その香川をいつまでもピッチに残した采配にも疑問が残る。

攻守が目まぐるしく推移するサッカーというゲームにおいて一番大事な、臨機応変なスタイルを個人レベルでもチームレベルでも持ち得ていないのが、日本代表のこれまでのそして残念ながら今の真の姿なのだ。

グループリーグ第2戦は初戦のコロンビア戦を0-3で落としたギリシャとの生き残り戦になる。
もう「自分たちのサッカーができませんでした。」というセリフは聞きたくない。
90分全てとは言わない。断片的にでも「自分たちのサッカー」を見せてくれれば必ず勝てるはずだ。
慎重な中にもいざというときには勇気を持って、攻撃的な日本代表のサッカーを世界に見せつけて欲しい。

ワールドカップ2014ブラジル大会グループC 順位表

TEAMS 試合 得点 失点 Pts
COLOMBIA 1 1 0 0 3 0 +3 3
CÔTE D’IVOIRE 1 1 0 0 2 1 +1 3
JAPAN 1 0 0 1 1 2 -1 0
GREECE 1 0 0 1 0 3 -3 0

ギリシャを3-0で粉砕したコロンビアがコートジボワールと並ぶ勝ち点3ながら得失点差でトップ。
日本とギリシャは勝ち点0。
得失点差で日本が3位となっている。
次節、日本はこのギリシャと絶対に負けられない戦いを迎えることになる。

  • W杯最終予選仮想豪州のテストマッチ
    国立競技場(東京) 2009年2月4日
  • 格下相手に快勝
    大阪(日本) 2013年9月6日
  • 極東ダービー 宿敵韓国戦
    ソウルW杯競技場(韓国) 2010年10月12日
  • アウェーで王国に完敗!
    ブラジリア(ブラジル) 2013年6月15日
  • 神様との対決
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年9月11日
  • ザック 迷える采配もワールドカップ王手!
    マスカット・オマーン 2012年11月14日
  • 国立競技場ラストマッチ!
    国立競技場(東京) 2014年3月5日
  • 松井大輔 オシム・ジャパン初選出
    オーストリア・クラーゲンフルト 2007年9月7日
  • 準々決勝 オーストラリアをPK戦で退ける
    ハノイ 2007年7月21日
  • サウジに屈し、決勝進出ならず
    ハノイ 2007年7月25日
  • 岡崎ハットトリック 前田も2得点!
    ドーハ(カタール) 2011年1月17日
  • またも世界最速!ワールドカップ出場決定
    タシケント(ウズベキスタン) 2009年6月6日
  • アジアモードでの戦いがスタート!
    ドーハ(カタール) 2011年1月9日
  • 120分の死闘! ライバルと最高の舞台で
    ドーハ(カタール) 2011年1月25日
  • 暫定ヒロミジャパン快勝
    日産スタジアム(横浜) 2010年9月4日

日本代表 試合リスト