ワールドカップ壮行試合

キリンチャレンジカップ 日本 - キプロス

埼玉スタジアム(埼玉) 2014年5月27日

JAPAN vs CYPRUS

1 - 0

得点:内田

青い悪夢
  • 2014年5月27日

コンディション調整に重点を置いた花試合

ワールドカップ2014ブラジル大会前最後の国内開催試合キリンチャレンジカップ 日本 – キプロス。
フィジカルに重点を置いた鹿児島での国内合宿を経て、W杯本大会に選出された23選手の背番号も決まり、いよいよムードが盛り上がる中での壮行試合でもある。
試合の意義としてはサポーター向けの代表お披露目と対スポンサー契約消化の色合いが強く、トレーニングの負荷によってフィジカル的に低い状態にある選手たちに華麗なパフォーマンスを求めるのは酷というもの。
ここは所属チームで出場機会の少なかった本田や香川、ケガから復帰した長谷部、吉田、内田らのコンディションに注目したい。

まずは本田。ちょっとしたトラップやパス、フィニッシュに精度を欠き、らしくないプレーを連発。一体どうしたんだろうか?本田がブレーキとなると日本代表の攻撃は不発となるだけに復調してほしいところ。
香川は内田の得点に繋がる場面で彼らしいアイディアを見せるも、主戦場の左サイドで絶好調の長友と釣り合うパフォーマンスとまではいかず。
長谷部は所属チームでシーズン最終戦に出場するなど、一足早く実戦復帰していただけあってまずますの動き。
吉田はキプロス相手では計りづらいがまあまあ。
内田は持ち前のねばっこいディフェンスと臨機応変のポジショニングでゴールもゲットし、ほっと一安心といったところ。ゴール後に祝福する香川を振り切ってベンチに走りケガからの回復に努めてくれたトレーナーの所に向かったのも印象的だ。

その他の選手で目を引いたのはやはり長友。素早いシザースフェイントを駆使して再三に渡り左サイドからクロスを上げ続け、もういつでもOKという感じ。逆に本大会までこの状態を保てるのかと心配してしまうほどだ。
スタメンフル出場の山口と森重は無難な出来。特に山口は積極的なミドルや前線に顔を出すなど攻撃面でも良い動きを見せていた。対戦相手のランクが上がる本大会前のテストマッチでも同様なら確実な戦力として計算が立つ。
期待の大久保も途中出場からの積極的なミドルシュートや周囲との連係で代表ブランクを感じさせない動き。トップやサイドなど、どこでいつから使っても違いを生み出してくれそうだ。

アメリカに移動後の2試合(コスタリカ代表戦、ザンビア代表戦)で選手たちが調子を上げ、攻守の連携を深めることに期待したい。

日本代表のスタイルを世界に発信せよ!

今回の対戦相手キプロス(FIFAランク130位)は列強がひしめくヨーロッパでは勿論弱小国。
しかし、弱小国であることを自覚し受け入れたからこそ可能な、強固な守備からのカウンター戦術はなかなかのものだ。後半の序盤はキプロスがゲームの主導権を握っていたし、後半40分のカウンターの場面では、フィニッシュの精度が高いかあるいは中央に折り返していればもっと危ないシーンになっていたかもしれない。得点力のあるFWを擁する強国相手ならまず間違いなく失点していただろう。

形はどうであれ、確固としたスタイルを持つチームであるということは素晴らしい。
キプロスはそんな好感度の高いチームだった。
日本代表はブラジルでどんなスタイルを見せてくれるのか。
コンフェデでブラジルの観客を驚かせたシーンの進化型再現はなるか?

ワールフドカップ2014 ブラジル大会 日本代表 背番号

GK
1 川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
12 西川周作(浦和)
23 権田修一(FC東京)

DF
2 内田篤人(シャルケ/ドイツ)
3 酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ)
5 長友佑都(インテル/イタリア)
6 森重真人(FC東京)
15 今野泰幸(G大阪)
19 伊野波雅彦(磐田)
21 酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

MF
7 遠藤保仁(G大阪)
14 青山敏弘(広島)
16 山口蛍(C大阪)
17 長谷部誠(ニュルンベルク/ドイツ)

FW
4 本田圭佑(ミラン/イタリア)
8 清武弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ)
9 岡崎慎司(マインツ/ドイツ)
10 香川真司(マンチェスター・U/イングランド)
11 柿谷曜一朗(C大阪)
13 大久保嘉人(川崎)
18 大迫勇也(1860ミュンヘン/ドイツ)
20 齋藤学(横浜FM)

  • ホームで難敵オマーンを撃破!
    日産スタジアム(横浜) 2008年6月2日
  • 余裕のブラジルに子ども扱い
    ブロツワフ(ポーランド) 2012年10月16日
  • 暫定ヒロミジャパン快勝
    日産スタジアム(横浜) 2010年9月4日
  • プライドを賭けた戦い 東アジア選手権
    中国・重慶 2008年2月17日
  • 高原2発! 難敵UAEを撃破!
    ハノイ 2007年7月13日
  • ホームで痛いドロー
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年10月15日
  • ワールドカップ ベスト4のマニフェスト
    エンスヘーデ(オランダ) 2009年9月5日
  • 最終予選という名のテストマッチ
    国際総合競技場(横浜) 2009年6月10日
  • ベトナムに順当勝利 グループBを1位通過
    ハノイ 2007年7月16日
  • オシムの遠大な野望
    横浜国際競技場(横浜) 2007年3月24日
  • 本田、悪魔のブレ球FKでデンマーク撃沈!
    ルステンブルク(南ア)  2010年6月24日
  • 岡田第二次政権がスタート
    国立競技場(東京) 2008年1月26日
  • 2013年初戦を快勝!
    ホームズスタジアム(神戸) 2013年2月6日
  • 運命の6月シリーズ前 唯一のテストマッチ
    豊田スタジアム(愛知) 2013年5月30日
  • アウェーでフランスに初勝利
    パリ(フランス) 2012年10月12日

日本代表 試合リスト