国立競技場ラストマッチ!

キリンチャレンジカップ 日本 - ニュージーランド

国立競技場(東京) 2014年3月5日

JAPAN vs NEW ZEALAND

4 - 2

岡崎×2、香川、森重

青い悪夢
  • 2014年3月5日

カピタン長友の誕生

改装される国立競技場での最後の代表戦、さらにワールカップイヤー初戦ということで注目と4万7000人もの観客を集めたキリンチャレンジカップ。相手はワールドカップ予選の大陸間プレーオフでメキシコに敗れたニュージーランド。

日本代表がワールドカップ本大会グループCで当たるギリシャのフィジカルを想定したマッチメイキングとのことだ。
日本代表は長谷部と内田が故障で欠場、さらに一旦召集された今野と柿谷が病気で外れるなどベストメンバーが揃わない。欧州組も週末のリーグ戦を終えて直後の移動と時差でコンディションも難しい状態。

そんな中、長谷部に代わってキャプテンマークを巻いたのは、遠藤でも川島でもなく長友。
本人がザッケローニ監督に直訴したというからやる気満々だ。所属のインテルでもサネッティやカンビアッソらバンディエラに次ぐ存在として時にキャプテンマークを巻くこともある長友の日本代表での主軸たる自覚がそうさせたのだろう。
この長友とマインツで今シーズン9得点と好調の岡崎はチームでコンスタントに出場しているだけあって良い動きを見せていた。

序盤はパスの冴えを見せる日本代表がペースを握る。
前半4分、香川がニージーランドDFラインのウラに出したパスに岡崎が反応。相手GKやDFともつれながら泥臭く押し込み日本代表が先制!。

続く7分、ペナルティエリア内で倒された香川が自らPKを決め、2-0。
さらに11分に本田のFKに森重がヘッドで合わせた3点目、17分には左サイドで粘った香川から本田、本田のヒールキックに走り込んだ岡崎が左足で蹴り込んで4点目と日本代表がニュージーランドを圧倒。

以降はペースと連携が落ち、39分に強引な突破からニュージーランドに得点を許し前半終了。

後半開始時に一気に4選手を投入(青山→遠藤、山口→細貝、酒井宏→酒井高、岡崎→清武)。
これがさらに安定感を下げる要因となり劣勢に。
課題のフィジカル勝負で押されDFラインを下げる悪循環に。
その結果、ペナルティエリアに送られたクロスに対応した森重がフィジカルで負けるファウルまがいのプレーから後半35分に2点目を献上。
4-2で試合終えた。

ドラマティックな展開の予感

所属チームでの状態や日本代表での立ち位置によって各選手のコンディションやプレーにバラつきが感じられたゲームだった。
岡崎、長友のコンスタント出場組はさすがの出来。
健闘するも体力面で課題の見える香川、今ひとつキレの感じられない本田のサブ組はゲーム勘不足。
細貝をはじめとする未だ代表での存在感が中途半端な選手達はチーム戦術と自己アピールの狭間で苦しんでいるように見える。

次はもう壮行試合的位置付けの5月27日キプロス戦しかない。
もはや戦術的な上積みは期待できないだけにメンバーのコンディションだけが気がかりだ。
もし、手術した長谷部の回復が間に合わない場合はどうするのか?
古くはフランス大会でのカズ落選、最近では南アフリカ大会でのキャプテン交代と戦術変更など、本大会前に時として起こるドラマティックな展開が今回も起こりそうな気がする。

  • 岡田第二次政権がスタート
    国立競技場(東京) 2008年1月26日
  • アジアならではのアウェー戦 重慶の笛
    中国・重慶 2008年2月22日
  • 国立競技場ラストマッチ!
    国立競技場(東京) 2014年3月5日
  • モチベーションの差
    平壌(北朝鮮) 2011年11月15日
  • 極東ダービー 宿敵韓国戦
    ソウルW杯競技場(韓国) 2010年10月12日
  • ホームで難敵オマーンを撃破!
    日産スタジアム(横浜) 2008年6月2日
  • ザック 迷える采配もワールドカップ王手!
    マスカット・オマーン 2012年11月14日
  • 2013年初戦を快勝!
    ホームズスタジアム(神戸) 2013年2月6日
  • W杯最終予選仮想豪州のテストマッチ
    国立競技場(東京) 2009年2月4日
  • 日本代表 初戦を落とす!
    レシフェ(ブラジル)2014年6月14日
  • アジアの不条理 中東の笛!
    ドーハ(カタール) 2011年1月13日
  • またも低調 大丈夫か?日本代表
    ベラルーシ 2013年10月15日
  • アジアカップ終戦.....しかし戦いは続く
    ジャカルタ 2007年7月28日
  • ザック・ジャパン最終戦
    クイアバ(ブラジル)2014年6月24日
  • 韓国とドロー 東アジア選手権優勝ならず
    中国・重慶 2008年2月23日

日本代表 試合リスト