格下相手に快勝

キリンチャレンジカップ 日本-グアテマラ

大阪(日本) 2013年9月6日

JAPAN vs GUATEMALA

3 - 0

得点: 本田、工藤、遠藤

青い悪夢
  • 2013年9月6日

位置付けは調整試合

ワールドカップ北中米予選を既に敗退したグアテマラが相手のキリンチャレンジカップ。
シーズン開幕直後のヨーロッパ組は各人がそれぞれのクラブで置かれた状況を反映し、試合勘などのコンディションがまちまち。
コンフェデ~ウルグアイ戦と続いた強豪相手のテストマッチという意味では、次戦ガーナ戦が本命。
そこでこのグアテマラ戦では、所属チームで出場機会が無い香川やヴォルフスブルクからニュルンベルクへ移籍したばかりの長谷部などのコンディション調整にあてられた感がある。
そして、森重や西川らバックアップ層やJリーグでの好調を買われて復帰した大迫らに慣れる機会を与える場でもあった。

ゲームは日本代表のボールポゼッションが6~7割を占めるワンサイドゲーム。
かねてからの課題であったディフェンスは、相手が相手だけにこれといって危ない場面が無く手応えは無かった。

大迫はキレの良さを感じさせる積極的なミドルや巧みな反転など、個人的な力量は示して見せたものの、出場が本田不在の前半のみという扱いから察するにザッケローニ監督の考える序列からするとまだお試し期間という感じ。

やはり、ザッケローニ監督の現時点でのファーストチョイスは後半から本田と共にピッチに入った柿谷であろう。
トップ下から左サイドに移った香川そして本田も含めた3人が絡む、目にも留まらない高速ワンタッチパス交換からの中央突破など、既にテクニカルな連携を見せている所が柿谷のアドバンテージか。
自らの得点こそ無かったが、長友のファーへのクロスをヘッドで決めた本田、工藤が押し込んだ2点目など、CFとして常に良いポジション取りは出来ていたと思う。

11番のキットを纏った柿谷が、キング・カズ以降空位となっている11番に独自のカラーを加味して新たな日本代表11番像を創り出してくれるのか、期待したい。

  • 気温38度! 灼熱のドロー
    マスカット・オマーン 2008年6月7日
  • アウェーで王国に完敗!
    ブラジリア(ブラジル) 2013年6月15日
  • 準々決勝 オーストラリアをPK戦で退ける
    ハノイ 2007年7月21日
  • ゴールラッシュ 8得点!
    長居スタジアム(大阪) 2011年10月11日
  • 最終予選に不安
    豊田スタジアム(愛知) 2012年2月29日
  • オシムの御前試合
    国立競技場(東京) 2008年1月30日
  • ワールドカップ ベスト4のマニフェスト
    エンスヘーデ(オランダ) 2009年9月5日
  • Wエースが韓国を粉砕!
    札幌ドーム(札幌) 2011年8月10日
  • 激闘!アジアカップ準々決勝
    ドーハ(カタール) 2011年1月21日
  • またもバーレーン! 最終予選が開幕
    バーレーン・マナマ 2008年9月6日
  • 支配するも オーストラリアの壁を破れず
    横浜国際総合競技場(横浜) 2009年2月11日
  • 香川が代表初ゴール!
    ビッグスワンスタジアム(新潟) 2008年10月9日
  • 本田が不在!トップ下問題が再燃
    ドーハ(カタール) 2013年3月22日
  • アジアカップ開幕!東南アジアの熱波
    ハノイ 2007年7月9日
  • 無策!10人の相手から勝ち点3奪えず
    ナタル(ブラジル)2014年6月19日

日本代表 試合リスト