運命の6月シリーズ前 唯一のテストマッチ

親善試合 日本-ブルガリア

豊田スタジアム(愛知) 2013年5月30日

JAPAN vs BULGARIA

0 - 2

青い悪夢
  • 2013年5月30日

本田、岡崎が不在。システムは3-4-3

ワールドカップ欧州予選でイタリアに次ぎ現在グループ2位のブルガリアを迎えた今回のテストマッチ。
6月のワールドカップ最終予選2試合(オーストラリア、イラク)とその後に続くブラジルでのコンフェデレーションズ・カップを控えた最初で最後の実戦となる。

本田、岡崎は所属チームのカップ戦の関係で合流は6月4日のオーストラリア戦直前となるため不在。そんな事情とテストの意味もあいまってスタートの布陣は3-4-3。2列目に俊敏なアタッカー香川と乾を配置した、見た目はなかなか魅力的なフォーメーションだ。

失点は又もやセットプレーから

ブルガリアはアウェーの戦い方を熟知したかのような落ち着いた試合運び。
ホームチームをリスペクトしてボールをある程度までは持たせ、体力を温存しつつカウンターの機会を伺っている。中東諸国の引いてカウンターも一か八かの無謀なギャンブル感があってある意味怖いが、ブルガリアのテクニックと組織に裏打ちされた怖さはまた別次元。

ボールを持たせてくれたおかげで香川や乾のイマジネイティブなコンビネーションもあり、ボール保持率の高い日本がシュート数ではブルガリアを圧倒。


しかし実際に得点したのはブルガリア。しかも、開始早々に川島のパンチングを弾き飛ばしたブレ球と後半の長谷部によるオウンゴールのどちらもFKからだ。
崩しているのに得点できない攻撃と崩されていないのに失点する守備。
サッカーが持つ不条理を体現したようなゲームであった。


4-2-3-1に戻した後半から入った清武や華麗なターンでシュートを放つ香川など、ヨルダン戦の課題だった積極性は伺えたが、果たして6月4日の本番オーストラリア戦はどうなるか。早く本大会出場を決めて新戦力のテストを進めたい所だが、今回召集された26名からコンフェデ出場の23名を抽出するらしい。
Jリーグで好調の柿谷(C大阪)を呼ぶなら旬の今だと思うんだが・・・

  • ダブル・ファンタジスタ シフト
    オーストリア・クラーゲンフルト 2007年9月11日
  • アジアモードでの戦いがスタート!
    ドーハ(カタール) 2011年1月9日
  • カミカゼシステムをテスト
    埼玉スタジアム(埼玉) 2007年6月5日
  • 小野を召集 最終テストか?
    札幌ドーム(札幌) 2008年8月20日
  • 憲剛システムに手応えあり
    国立競技場(東京) 2009年5月31日
  • 内田の代表初得点 バーレーンを沈める
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年6月22日
  • 敵はオーストラリアとレフェリー
    ブリスベン(オーストラリア) 2012年6月12日
  • またもバーレーン! 最終予選が開幕
    バーレーン・マナマ 2008年9月6日
  • 大久保が覚醒!代表初ゴール
    長居スタジアム(大阪) 2007年10月17日
  • 格下相手に快勝
    大阪(日本) 2013年9月6日
  • サッカー王国のファンを魅了も敗戦
    レシフェ(ブラジル) 2013年6月19日
  • ベトナムに順当勝利 グループBを1位通過
    ハノイ 2007年7月16日
  • 運命の6月シリーズ前 唯一のテストマッチ
    豊田スタジアム(愛知) 2013年5月30日
  • アウェーで王国に完敗!
    ブラジリア(ブラジル) 2013年6月15日
  • ストライカー 岡崎覚醒 本田も代表初得点
    長居スタジアム(大阪) 2009年5月27日

日本代表 試合リスト