アウェーでフランスに初勝利

国際親善試合 フランス-日本

パリ(フランス) 2012年10月12日

FRANCE vs JAPAN

0 - 1

得点: 香川

青い悪夢
  • 2012年10月12日

国際Aマッチデーを有効活用 強豪相手のヨーロッパ遠征第1戦

10月12日は国際Aマッチデー。ヨーロッパや南米でワールドカップ2014の予選が実施される。アジア地区も最終予選が実施されるが、日本は試合が組まれていない為、同じく試合の無いフランスとのマッチメイクが実現した。

4日後にワールドカップ2014ヨーロッパ予選アウェーのスペイン戦を控えたフランスにとって、日本は仮想スペインのはずもなく、単なるスパークリング・パートナー。なるべく主力は温存し、出場機会の少ない選手や戦術をテストする場である。

日本にとっては又とない貴重なテスト。アジアでの日本の立場は強豪。普段は引いて守る相手と戦うが、ワールドカップ本大会となると立場は逆転。主導権を握るヨーロッパや南米のチームに対していかに立ち向かうかが課題となる。このあたりが、アジアモードと世界モードのダブルスタンダードが求められる日本代表強化の難しいところ。

サンドニの悲劇再び? 防戦一方の日本代表

国際親善試合 フランス戦 2012年10月12日 スタメンそんな両チームの思惑を背景に始まったこのゲーム。
日本は右ふくらはぎ打撲の本田に代わり中村憲剛がトップ下。ケガで遠征不参加の前田に代わりハーフナーが1トップ。右サイドバックはワールドカップ2014アジア最終予選の次戦オマーン戦が出場停止の内田に代わり酒井宏樹が入った。

日本は、リベリ(バイエルン・ミュンヘン)を温存しながらも、ベンゼマ(レアル・マドリー)を中心にド迫力で攻めてくるフランスに対して防戦一方。
トルシエ監督時代の2001年3月。1998年ワールドカップとユーロ2000で優勝した当時世界最強のフランスを相手に、今日と同じ場所で5-0と叩きのめされたサンドニの悲劇を想起させるぬかるんだピッチも選手達を苦しめているようだ。
しかし、川島の攻守とフランスのシュートミスに助けられて前半を0-0で終了。

サンドニにモーセ今野が降臨

後半、フランスはベンゼマを含む3人を交代してスタート。
日本は時折ショートまで持ち込むが得点ならず。
後半17分には長谷部OUT→細貝IN、中村OUT→乾INとテスト的な交代。2列目左にフランクフルトで好調の乾が入り香川が中央に移動。
相変わらずフランスがペースを握る中、いよいよリベリが調整のため投入されるも得点ならず。
後半41分。酒井OUT→内田IN、ハーフナーOUT→高橋IN。実質0トップの逃げ切り体制だ。

と思われた直後の後半43分。
フランスのCkを凌いだ日本。こぼれたルーズボールを拾った今野がルックアップすると、前方にはモーセが海を割ったがごときスペースがフランスゴールに向けて広がっている。迷わずドリブルを開始する今野。ついて来るのは数人のフランス選手と長友、香川のみ。

国際親善試合 フランス-日本 ドリブルする今野

首を振って状況を確認しながらなおもドリブルする今野。60メートルほど独走したところで右に回った長友にパス。自分でも打てるタイミングだったが、インテルのチームメイト カッサーノの「自分はアシストをしたいからギリギリまで味方を見る。それでも出しどころがなかったらシュートを打つ」というアドバイスが頭をよぎったという長友は中央の香川に折り返し、スライディング気味に香川が押し込みゴール!何と日本が先制。

国際親善試合 フランス-日本 香川

このまま逃げ切った日本がフランスから歴史的な勝利。

逃げ切り体制を敷いてからカウンターで決勝点という流れは、突発的で偶然が生み出した産物。ザッケローニも想定外だろう。
実際ゲームはほぼフランスが支配していたし、無得点に抑えられたのも運だったりフランスのフィニッシュの精度に難があったからだ。
多分10回やったら2回くらいは勝てるかもしれないが、その2回の内の1回がたまたま今日だったという感じ。

アジアでは無双のパスサッカーも同タイプでレベルが上の相手には全く歯が立たない。
それでもこの方法を指向するのか、はたまた南アフリカ大会の岡田監督流に弱者のサッカーに徹するのか。

ダブルスタンダードの悩みはつきない。

  • 高原2発! 難敵UAEを撃破!
    ハノイ 2007年7月13日
  • 暫定ヒロミジャパン快勝
    日産スタジアム(横浜) 2010年9月4日
  • 日本代表 初戦を落とす!
    レシフェ(ブラジル)2014年6月14日
  • サウジに屈し、決勝進出ならず
    ハノイ 2007年7月25日
  • アジアならではのアウェー戦 重慶の笛
    中国・重慶 2008年2月22日
  • 敵はオーストラリアとレフェリー
    ブリスベン(オーストラリア) 2012年6月12日
  • 小野を召集 最終テストか?
    札幌ドーム(札幌) 2008年8月20日
  • モチベーションの差
    平壌(北朝鮮) 2011年11月15日
  • 無策!10人の相手から勝ち点3奪えず
    ナタル(ブラジル)2014年6月19日
  • タイを一蹴! 最終予選進出を決める
    バンコク・タイ 2008年6月14日
  • W杯最終予選仮想豪州のテストマッチ
    国立競技場(東京) 2009年2月4日
  • アウェーで王国に完敗!
    ブラジリア(ブラジル) 2013年6月15日
  • アジアカップ開幕!東南アジアの熱波
    ハノイ 2007年7月9日
  • Wエースが韓国を粉砕!
    札幌ドーム(札幌) 2011年8月10日
  • 国立競技場ラストマッチ!
    国立競技場(東京) 2014年3月5日

日本代表 試合リスト