アウェーで4発快勝 最終予選進出が決定

ワールドカップ2014アジア3次予選 タジキスタン-日本

ドゥシャンベ(タジキスタン) 2011年11月11日

TAJIKISTAN vs JAPAN

0 - 4

得点: 今野、岡崎2、前田

青い悪夢
  • 2011年11月11日

劣悪なピッチ状態を確かめながらも優位に試合を進める日本代表

ワールドカップ2014アジア3次予選 タジキスタン-日本 スタメンアジア3次予選グループ4チームによるホーム&アウェー6試合のうち一巡目3試合が終了。
日本は2勝1引き分けの勝点7でウズベキスタンとともに首位に立っている。

国内組は16時間かけて事前合宿地のカタール ドーハに移動、ここで欧州組と合流してからタジキスタン入りというアジア予選ならではのきついスケジュール。
芝と土がまだら模様で半々のピッチは降雪により雪に覆われてしまったが、現地スタッフの除雪作業と舗装などに使用するローラー車による”地ならし”によりなんとかプレーできる状態に。
こんなドタバタしたところもアジア予選らしい。

そんな中、折り返し対戦が始まった。
前回対戦とほぼ同一スタメンだが、ケガで召集を見送られた長友に代わり前回右サイドバックだった駒野が左に入り、右は内田が復帰。駒野のユーティリティ性は貴重だ。

序盤の日本はピッチ状態を確かめるような慎重なプレー。
対して勝手知ったるホームのタジキスタンは、長居の第一戦とは打って変わって積極的にプレー。ラインも高目に設定し、長居の時よりも激しいチェックでボールを奪っては素早く前線に。
時折鋭いミドルシュートも放ってくる。

これがホーム&アウェーの醍醐味。格下とみられたタジキスタンだが、事はそう簡単に進まない。
しかし、次第にピッチ状態にも慣れパスワークで崩しに行くプレーも見られた矢先、タジキスタンが強烈なミドル!
これは左ポストに救われたが危険なシーンだった。
そして漸くの先制点は意外なことに今野。

36分。パスカットからの攻め上がりで前線に残っていたところ、中村の放ったシュートのこぼれ球に反応。
まるでブラジル人のようなトゥーキック気味右足アウトのシュートがタジキスタンのゴールに突き刺さった!今野はうれしい代表初ゴールだ。

ワールドカップ2014アジア3次予選 タジキスタン-日本 今野

前半はこのまま終了。

後半に入り、ポストプレーのタイミングをタジキスタンに狙われていたハーフナーに代えて、久しぶりに代表復帰の前田がIN。
前田は左右に流れることでタジキスタンのマークをずらし、空いたスペースを香川が自在に動き回るようになる。

追加点は後半16分。神出鬼没の香川がペナルティエリア内左に切れ込んでから上げたクロスに、岡崎がヘッドでジャストミートしたもの。
ワールドカップ2014アジア3次予選 タジキスタン-日本 岡崎

タジキスタンは続けざまにフレッシュな選手を送り込み、抵抗の姿勢を見せるもやはり力量は日本が上。
後半37分。ペナルティアーク付近でボールを受けた前田が横ドリブルで相手をかわし、右足の見事なシュート。
これで3点目。

左に逃げてスペースを作った中村の動きにも助けられたが、前田がストライカーらしいエゴイスティックなゴールで李やハーフナーと競う激しい1トップ争いに堂々の出馬宣言!
ワールドカップ2014アジア3次予選 タジキスタン-日本 前田

この後、内田OUT→伊野波IN。
さらに、中村OUT→清武IN。

チームの活性化を狙った選手交代で最終予選の戦いも見据えるザック采配。
それに応えたのはまたしても清武。
自分でも勝負できるところで一番ゴールに近い選択を感覚的に行える才能を発揮。ロスタイムに岡崎の2点目をアシスト。
トップ下争いも中村や本田を含めて面白くなってきた。

日本代表の最終予選進出が決定

試合はこのまま0-4で日本が勝利。
数時間後に実施されたウズベキスタンVS北朝鮮でウズベキスタンが1-0で勝利した為、この時点で日本とウズベキスタンのグループ2位以上が確定。最終予選進出が決定した。
チームは明日にも経由地の北京入り。アウェー連戦で15日平壌での北朝鮮戦に備える。
緊張感溢れる舞台でシビレるゲームも見たかったが、ここは新戦力や新コンビネーションの台頭によるチーム力底上げの機会として有効活用させて頂くことにするか。

それにしても、移動や時差、荒れたピッチなど、一昔前なら「アウェーの洗礼」などと大げさに報道され選手達もナーバスになっていた状況だが、今の彼らときたら随分逞しくなった。
厳しいヨーロッパ・リーグで孤独や重圧と日常的に付き合うことで培われた、メンタルやフィジカルの強さと言った資産。
これも海外進出効果かもしれない。

  • 最終予選に不安
    豊田スタジアム(愛知) 2012年2月29日
  • W杯ベスト8常連国によるレッスン
    ベロオリゾンテ(ブラジル) 2013年6月22日
  • アジアモードでの戦いがスタート!
    ドーハ(カタール) 2011年1月9日
  • 大久保が覚醒!代表初ゴール
    長居スタジアム(大阪) 2007年10月17日
  • 極東ダービー 宿敵韓国戦
    ソウルW杯競技場(韓国) 2010年10月12日
  • 岡田第二次政権がスタート
    国立競技場(東京) 2008年1月26日
  • W杯最終予選仮想豪州のテストマッチ
    国立競技場(東京) 2009年2月4日
  • アジアならではのアウェー戦 重慶の笛
    中国・重慶 2008年2月22日
  • ザック・ジャパン最終戦
    クイアバ(ブラジル)2014年6月24日
  • 余裕のブラジルに子ども扱い
    ブロツワフ(ポーランド) 2012年10月16日
  • ストライカー 岡崎覚醒 本田も代表初得点
    長居スタジアム(大阪) 2009年5月27日
  • 本田・本田・本田!ハットトリックで圧勝
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年6月8日
  • アジアカップ終戦.....しかし戦いは続く
    ジャカルタ 2007年7月28日
  • 本田が不在!トップ下問題が再燃
    ドーハ(カタール) 2013年3月22日
  • 韓国とドロー 東アジア選手権優勝ならず
    中国・重慶 2008年2月23日

日本代表 試合リスト