Wエースが韓国を粉砕!

キリンチャレンジカップ 日本-韓国

札幌ドーム(札幌) 2011年8月10日

JAPAN vs KOREA

3 - 0

得点:香川×2、本田

青い悪夢
  • 2011年8月10日

流麗なパスワークで韓国を圧倒する日本代表

9月からのワールドカップ2014ブラジル大会3次予選を控えたテストマッチは、ザッケローニ監督就任後3度目の対戦となる韓国。
迎え撃つ日本はアジアカップのメンバーをベースにしたお馴染みのスタメン。
左サイドバックは負傷の長友に代わり駒野が代表復帰。1トップは李。
そして、10-11シ-ズン ブンデスリーガ後半戦を棒に振ることになった原因のケガを負った、アジアカップの韓国戦以来となる10番 香川も復帰。
ほぼベストメンバーだ。

試合はアジアカップの韓国戦前半を彷彿させるテクニカルなパス回しで終始日本が優位。韓国もフィジカルと個人戦術でゴールに迫るが、アイディアとフィニッシュの精度を欠いている。

日本の3得点はいずれも素晴らしい形から。

香川の1点目は前半35分。
遠藤のパスを李がヒールで落とし、そのボールを拾って韓国DF2人の間に割って入った香川が、密集地帯での類稀な個人技を発揮してゴール!


日本のキックオフで始まった後半もいきなりボールを下げたりせず、ドリブルで突っかけた李が倒されてFKを得るなどヤル気満々。

そして、後半8分。左サイドをドリブルで駆け上がった駒野が見せる。
横パスや安易なクロスでは無くドリブルで勝負する駒野。
DFの股抜きからペナルティエリアに侵入し、左足の強烈なシュート!
GKが弾き右サイドに流れたボールを、負傷した岡崎に代わり前半途中から急遽出場したオリンピック世代でA代表初出場の清武が冷静に優しく本田に落とし、本田が窮屈な体勢からコントロールされたグラウンダーでゴール左隅に流し込み2点目!


何といっても駒野のチャレンジが無ければこのゴールは無かった。
そして清武のポジショニングと冷静な状況判断、本田の臨機応変なテクニックと、3つの素晴らしいプレーが続いてのナイスな得点だった。
久々の得点に大喜びする本田。その熱狂も冷めやらぬ後半9分、またしても清武だ。
中央からドリブルで持ち上がった香川が右前方の清武にパス。それをグラウンダーで中央に折り返したボールに、走り込んだ香川が右足ダイレクトでコンタクト。

2人のコンビネーションで崩しきったゴールだ。

この他にも日本は各所で2人3人といったコンビネーションプレーが見られ、チームとしての熟成を感じさせた。逆に韓国は個々人の強さは脅威だが、コンビネーションに欠けていた。
これが得点の差になって現れたのだろう。

史上最強日本代表 その課題とは

しかし、日本も安泰とはいかない。
長谷部OUT→阿部IN。
遠藤OUT→家長IN。
この交代でボランチがぶっつけ本番のようなコンビになり、中盤の支配力が低下。
ディフェンス時のポジショニングやDFラインでマイボールになった時のボールをもらいに行く動きなど、遠藤の役割の重要さが浮き彫りになったこの時間帯。
日本は韓国に圧倒される展開に。

その後香川に代えて細貝を投入、家長を2列目に上げる事でなんとかバランスを取り戻した日本。
このボランチのバックアップ問題は、長丁場の予選で必ず課題として浮かび上がるはずだ。
家長のボランチ起用はミスマッチだと思うんだが・・・

ザッケローニ監督、よろしくお願いします。

それにしても、アジアカップではドルトムントでのトップ下とは違ってサイドを任され居心地の悪そうだった香川の変貌ぶりは凄かった。
もはやポジションがどこかなど無関係の、時にはディフェンスもがんばる縦横無尽の動き、そして相性の悪そうだった本田とのエレガントなコンビネーション。
清武といった新星も現れ、攻撃陣のラインナップは日本代表の歴史上最も豪華かも。

そしてその頂点に君臨するのは、帰還した王=香川に他ならない。
そして、交代する長谷部からキャプテンマークを引き継いだ本田。
際立つボールキープ率の高さと何かを期待させる雰囲気。
この男も忘れちゃいけない。

既に完成の域にある岡崎や長友に加えて、香川とのコンビまで確立されればもう万全でしょう。
後は予選名物の引いて守る相手と、繰り返すがボランチのバックアップ。
この辺の対策をどうするかだな。

  • 俊輔のFK 黄金の左足がゴールを射抜く!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2009年3月28日
  • ストライカー 岡崎覚醒 本田も代表初得点
    長居スタジアム(大阪) 2009年5月27日
  • ダブル・ファンタジスタ シフト
    オーストリア・クラーゲンフルト 2007年9月11日
  • 岡崎、魂の超低空ヘッドでドロー!
    タシケント 2011年9月6日
  • アウェーでフランスに初勝利
    パリ(フランス) 2012年10月12日
  • またもバーレーン! 最終予選が開幕
    バーレーン・マナマ 2008年9月6日
  • ダブルエースがアベック・ゴール
    横浜(日本) 2013年9月10日
  • 憲剛システムに手応えあり
    国立競技場(東京) 2009年5月31日
  • 岡田監督 決意の本田1トップが奏功!
    ブルームフォンテーン(南ア) 2010年6月14日
  • オシムの御前試合
    国立競技場(東京) 2008年1月30日
  • ベトナムに順当勝利 グループBを1位通過
    ハノイ 2007年7月16日
  • 日本 ベスト8ならず 守備的戦術の限界
    プレトリア(南ア) 2010年6月29日
  • アジアの不条理 中東の笛!
    ドーハ(カタール) 2011年1月13日
  • 準々決勝 オーストラリアをPK戦で退ける
    ハノイ 2007年7月21日
  • オシムの遠大な野望
    横浜国際競技場(横浜) 2007年3月24日

日本代表 試合リスト