ストライカー 岡崎覚醒 本田も代表初得点

キリンチャレンジカップ 日本-チリ

長居スタジアム(大阪) 2009年5月27日

JAPAN vs CHILE

4 - 0

得点: 岡崎2、阿部、本田

青い悪夢
  • 2009年5月27日

岡崎がエース候補に名乗り! 本田も初得点で存在感を増す

6月6日にアウェーでのワールドカップ予選 ウズベキスタン戦を控えた岡田ジャパンのキリンカップ第1戦の相手は、現在ワールドカップ南米予選で3位につけるチリ。監督は名将ビエルサだ。

攻撃的なチリに対してどれくらい連動性のある攻撃ができるかに注目していたが、日本のスタメンは限りなくBチーム。楢崎-遠藤・長谷部-玉田というセンターラインは不動ながら、その他のポジションはケガ人の関係もあり、テスト的要素の強いメンツで埋まった。

チリもチリで初代表のFWを起用したりと、テストだったんでしょうか。

前半にアッサリと岡崎の2得点で主導権を握り、負傷の玉田に代えて注目の18歳初代表 浦和レッズのMF山田を投入する余裕のゲーム運び。後半には、こちらもうれしはずかし31歳初代表 ガンバ大阪のDF山口がデビューしたり、オランダの2部でMVPとなった”ブレ頭”本田の代表初ゴール(アシストはシュートのフェイントからスルーパスを繰り出した山田!)も飛び出したりと、初づくしとなった。

さすがにJリーグも10節以上戦っている為か、各選手の動きも良いし、3人目の動きを伴うパスサッカーはまずまず機能していたかも。
しかし、あくまでもテストの為のテストというか。
大黒柱の中村俊輔が不在では、なかなかチームとしての熟成加減も測りづらいですね。

それにしても田中達也が長期離脱の中、地道に実績を積み上げてきた岡崎の存在感は目をみはる物がありますね。本田の強シュートのこぼれ球に詰めていた1点目、スルーパスに飛び出した2点目と、ストライカーとしての嗅覚を発揮してますよ。ゴン中山~鈴木隆行~巻と連綿と連なる歴代日本代表FWドロ臭い路線の延長ながら、小柄でキレのある動きを持つ新タイプとして開花して欲しいですね。インザーギみたいな感じですかね。

  • 最終予選という名のテストマッチ
    国際総合競技場(横浜) 2009年6月10日
  • 香川が代表初ゴール!
    ビッグスワンスタジアム(新潟) 2008年10月9日
  • 岡田第二次政権がスタート
    国立競技場(東京) 2008年1月26日
  • 薄氷の勝利!見えてきた可能性
    ソウル(韓国) 2013年7月28日
  • ワールドカップ壮行試合
    埼玉スタジアム(埼玉) 2014年5月27日
  • アジアカップ開幕!東南アジアの熱波
    ハノイ 2007年7月9日
  • ホームで痛いドロー
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年10月15日
  • オシムの遠大な野望
    横浜国際競技場(横浜) 2007年3月24日
  • 岡田監督 決意の本田1トップが奏功!
    ブルームフォンテーン(南ア) 2010年6月14日
  • 日本代表 アジアカップ4度目の戴冠!
    ドーハ(カタール) 2011年1月29日
  • アウェーで王国に完敗!
    ブラジリア(ブラジル) 2013年6月15日
  • ホームで難敵オマーンを撃破!
    日産スタジアム(横浜) 2008年6月2日
  • 運命の6月シリーズ前 唯一のテストマッチ
    豊田スタジアム(愛知) 2013年5月30日
  • 2013年初戦を快勝!
    ホームズスタジアム(神戸) 2013年2月6日
  • 本田が新背番号4とともに代表復帰!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年6月3日

日本代表 試合リスト