俊輔のFK 黄金の左足がゴールを射抜く!

ワールドカップ2010最終予選 日本-バーレーン

埼玉スタジアム(埼玉) 2009年3月28日

JAPAN vs BAHRAIN

1 - 0

得点: 中村俊輔

青い悪夢
  • 2009年3月28日

日本ペースも攻撃は単調

ワールドカップ2010 最終予選も折り返しの第5戦となった、ホームのバーレーン戦。

序盤から日本ペースのゲーム展開。小兵FWトリオの玉田、大久保、田中がアジリティを活かして時折キリキリとしたドリブルを見せるが、最後はペナルティエリア手前でポストプレーを使ってのワンツーでかわそうとしてバーレーンDFの長い足に絡め取られている。それか、サイドに進出したサイドバックからのクロスがヘッドで跳ね返されるか。

というわけで、前半は圧倒的にボールを支配する日本だがゴール前のバーレーンDFが高くリーチも長い為、なかなかフィニッシュの形に持って行けない。攻撃は中央に偏りがちで、ドリブルで持ち込んだ場合、ほとんどがそのまま潰されてしまっている。一旦サイドに出すとか揺さぶりも欲しい所だ。

唯一大久保だけが果敢かつトリッキーな動きでDFを翻弄するも、チームとしての連動が無いのが惜しい。
しかし、方向性はこのままで行くしかないだろう。それにテンポチェンジやサイドチェンジを加えていければ必ずチャンスはある。
バーレーンは8番の1トップでその他は守備重視の布陣。
8番は闘莉王と中澤に任せて、サイドの内田と長友が上手くバランスを取り、どちらかが常に高い位置にいるようにしても良いだろう。

中村俊輔が魅せる!

後半開始早々、玉田がドリブルで切れ込みFKを奪取。

キッカーは中村俊輔。左足から放たれたボールがDFの頭をかすめてドライブがかかり、GKが必死に伸ばした両手を越えて日本先制。

先制され得点を狙いに行かざるを得なくなったバーレーンは前半より5mはDFラインを上げ、徐々に攻勢をかけるがフィニッシュに精度を欠いている。

そして、前がかりになったバーレーンのおかげでDFラインの裏のスペースを活用でき始めた日本は、スルーパスでDFラインの裏に通すが田中や玉田に惜しくも合わない。
そんな中後半19分、カウンターから左サイドにボールが出、中央の玉田に。
玉田がこのボールをノールックで右サイドを駆け上がった内田に。内田が鋭い弾道のシュートを放つもバーを直撃!ゴールならず。両チーム通じて今日一番良いシュートだった。

終盤にかけては日本がサイドでボールをキープし時間を消費していく展開。

31分、長谷部OUT⇒橋本英郎IN。
34分、玉田OUT⇒松井IN。
42分、田中OUT⇒岡崎IN。と、フレッシュな選手を次々に投入。
じれたバーレーンのプレーも荒くなってくるが、日本がクールにかわして試合終了。

これで先に5戦を消化した日本が勝ち点を11に伸ばし、暫定でグループトップとなった。
それにしても、ペナルティエリア手前で1対1になったFWは、なぜそこで勝負をかけずにすぐパスを選択するんだろうか?それに、最後のシュートの場面でも落ち着き無くあわてて打ちに行っている。そこで一旦フェイントかけるとかできないんだろうか?こういった駆け引きというか個人戦術が向上しない限り、いつまでたっても今日みたいにアジアレベルですら苦戦するだけだ。

ストイコビッチあたりに監督やってもらって、そういったメンタルを鍛えて欲しいな。

ワールドカップ アジア最終予選 勝敗表・順位表 (2009年3月28日時点)

日本がバーレーンに勝利し、それまで最下位だったウズベキスタンがカタールを葬ったことで日本はあと1勝(=勝ち点3)でワールドカップ出場が決定する状況に!

グループBは相変わらず熱いです。
イランがホームで敗退し、英雄ダエイ監督の去就が話題に。
北朝鮮はグループトップに。
4月1日は韓国と対戦だ。

■グループA

ウズベキスタン 4-0 カタール
日本 1-0 バーレーン

■グループB

イラン 1-2 サウジアラビア
北朝鮮 2-0 UAE

  • 本田が新背番号4とともに代表復帰!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年6月3日
  • 本田、悪魔のブレ球FKでデンマーク撃沈!
    ルステンブルク(南ア)  2010年6月24日
  • 支配するも オーストラリアの壁を破れず
    横浜国際総合競技場(横浜) 2009年2月11日
  • またも世界最速!ワールドカップ出場決定
    タシケント(ウズベキスタン) 2009年6月6日
  • 勝利で幕! アジア最終予選終了
    ドーハ(カタール) 2013年6月11日
  • ダブル・ファンタジスタ シフト
    オーストリア・クラーゲンフルト 2007年9月11日
  • またも低調 大丈夫か?日本代表
    ベラルーシ 2013年10月15日
  • 最終予選に不安
    豊田スタジアム(愛知) 2012年2月29日
  • 憲剛システムに手応えあり
    国立競技場(東京) 2009年5月31日
  • 余裕のブラジルに子ども扱い
    ブロツワフ(ポーランド) 2012年10月16日
  • 香川が代表初ゴール!
    ビッグスワンスタジアム(新潟) 2008年10月9日
  • 120分の死闘! ライバルと最高の舞台で
    ドーハ(カタール) 2011年1月25日
  • 格下相手に快勝
    大阪(日本) 2013年9月6日
  • 大久保が覚醒!代表初ゴール
    長居スタジアム(大阪) 2007年10月17日
  • ザック・ジャパン最終戦
    クイアバ(ブラジル)2014年6月24日

日本代表 試合リスト