マナマの屈辱! 3バック機能せず

ワールドカップ2010予選 バーレーン-日本

バーレーン・マナマ 2008年3月26日

BAHRAIN vs JAPAN

1 - 0

青い悪夢
  • 2008年3月26日

アジア3次予選 第2戦 荒れたピッチで苦戦

直前のUAEでのトレーニングで好調をアピールしていた高原が故障でベンチからも外れることになり、注目されたFW。

巻と大久保だ。
ターゲットマン・タイプと小柄で敏捷なタイプの組み合わせはセオリー通りだが、実際に2人のコンビネーションはどうなのか?
と思いながら見ていたが、どうもそれどころではないピッチ状態のようだ。
大久保、山瀬、安田とボールを持ったら自分で前に仕掛けていける選手をめずらしく3人も揃えていながら、このピッチでは彼らの良さが出せないのでは?
唯一安田が得意のフェイントを見せていたが・・・

そして意外にバーレーン、パスをつないでくる。
ただしポゼッションを目的とした日本のそれとは違い、彼らのはカウンター。要注意だ。

日本はサイドから何本かクロスを入れるが、ターゲットに命中しない。
中央からの突破もボール・コントロールがままならないのか、シュートまで持っていけない。

じれる展開だ。

しかし前半はこのまま0-0でも良いだろう。
日本にはバーレーンの天敵=玉田という切り札が・・・・
アッ、玉田もドリブラー系だった。

全くボールが収まらなかった前半の反省か、後半10分過ぎに山瀬OUT、遠藤IN。
パスをつなぐ方向に転換をはかる日本だが、それ以上に良くパスが回り始めるバーレーン。
ポゼッションも高まり、完全に主導権を握っている。

日本にとって危ない場面が続く。

遠藤投入効果か、時折パスが回る日本。
後半24分には右の駒野からの鋭いクロスが大久保に今一歩のところで届かない。

そして32分、リスタートから素早い展開のパス1本で左サイドに進出した11番からのクロスを川口がフィスティング。
しかしこれが充分なクリアとならず、難しい体勢から9番がヘッドで合わせてバーレーン先制!
バーレーン先制!

川口のクリアが9番の所にこぼれたのは、日本にとっては不運だったかもしれない。
しかし、後半ここまで攻めつづけたバーレーンにとっては必然ともいえるゴールだ。

日本はその後、より前線でのパスが繋がるようになりクロスまでは持っていけるようになってきた。しかし、いかんせんフィニッシュにまで至らない。
そして終盤には阿部OUT、玉田INで攻勢をかけるもタイムアップ。

連携見られず 岡田第二次政権初の黒星

アウェーで敗戦だ。
この試合、あえて敗因を求めるならば前に「一人で勝負タイプ」を並べすぎた事だろう。

パスの供給源が後ろ目の中村憲だけではパス一つ一つが長目にならざるを得ず、万一パスが渡ってもその選手はフォローが少ない状態で単独突破するしか方法が無くなってしまう。

それかフォローを待っている間に相手に囲まれるか、だ。

この試合いわゆる「3人目の動き」があまり見られなかったのも、その辺と関係ありそうだ。

次は連戦の6月だ。

しんどいぞー。

  • ホーム初のワールドカップ出場決定!
    埼玉スタジアム 2013年6月4日
  • サッカー王国のファンを魅了も敗戦
    レシフェ(ブラジル) 2013年6月19日
  • 支配するも オーストラリアの壁を破れず
    横浜国際総合競技場(横浜) 2009年2月11日
  • 強豪ウルグアイに惨敗!
    宮城(日本) 2013年8月14日
  • ホームで難敵オマーンを撃破!
    日産スタジアム(横浜) 2008年6月2日
  • ゴールラッシュ 8得点!
    長居スタジアム(大阪) 2011年10月11日
  • 憲剛システムに手応えあり
    国立競技場(東京) 2009年5月31日
  • 激闘!アジアカップ準々決勝
    ドーハ(カタール) 2011年1月21日
  • 本田・本田・本田!ハットトリックで圧勝
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年6月8日
  • 大久保が覚醒!代表初ゴール
    長居スタジアム(大阪) 2007年10月17日
  • Wエースが韓国を粉砕!
    札幌ドーム(札幌) 2011年8月10日
  • 舞い踊る雪とゴール W杯予選開幕!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年2月6日
  • ザック・ジャパン最終戦
    クイアバ(ブラジル)2014年6月24日
  • タイを一蹴! 最終予選進出を決める
    バンコク・タイ 2008年6月14日
  • 本田が不在!トップ下問題が再燃
    ドーハ(カタール) 2013年3月22日

日本代表 試合リスト