オシムの遠大な野望

国際親善試合 日本-ペルー

横浜国際競技場(横浜) 2007年3月24日

JAPAN vs PERU

2-0

得点:巻、高原

青い悪夢
  • 2007年3月24日

南アフリカ ワールドカップに向けた2007年初戦

セットプレーで俊輔からのアシストで巻がヘッド、高原がトラップから反転しての技巧的なシュートを決めた。左の駒野が序盤から積極的に攻め上がり、ファウルを誘発。何度もFKを得られた。逆サイドの加地はイマイチ自重したためかあまり上がる場面が無かった。もっと俊輔とからむ所が見たかった。センターバック2人の高さはさすが。今後もこのセットだろう。闘莉王はタイミングを心得たオーバーラップで前線とのワンツーなどに絡み、攻撃のアクセントとなっていた。不安は中澤の足下。中盤から苦し紛れに帰ってきたバックパスの処理などに不安が。

それにしても「海外組VS国内組」「3バックか4バックか」といった事しか語られなかった、戦術と将来への布石無きジーコ時代と比べてどうだ、なんかこの充実ぶりは。海外組との融合をはかりつつも北京世代を(予選直前にもかかわらず)召集・起用するオシムの遠大な野望の一端が窺い知れた有意義なテスト・マッチだった。

  • ザック・ジャパン最終戦
    クイアバ(ブラジル)2014年6月24日
  • ロスタイムに決勝点! アジア3次予選開幕
    埼玉スタジアム(埼玉) 2011年9月2日
  • 薄氷の勝利!見えてきた可能性
    ソウル(韓国) 2013年7月28日
  • 気温38度! 灼熱のドロー
    マスカット・オマーン 2008年6月7日
  • 進歩無き日本代表の現実
    埼玉スタジアム(埼玉) 2015年6月16日
  • ストライカー 岡崎覚醒 本田も代表初得点
    長居スタジアム(大阪) 2009年5月27日
  • 内田の代表初得点 バーレーンを沈める
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年6月22日
  • 岡崎ハットトリック 前田も2得点!
    ドーハ(カタール) 2011年1月17日
  • またもバーレーン! 最終予選が開幕
    バーレーン・マナマ 2008年9月6日
  • 韓国とドロー 東アジア選手権優勝ならず
    中国・重慶 2008年2月23日
  • アジアカップ開幕!東南アジアの熱波
    ハノイ 2007年7月9日
  • 岡田監督 決意の本田1トップが奏功!
    ブルームフォンテーン(南ア) 2010年6月14日
  • 2013年初戦を快勝!
    ホームズスタジアム(神戸) 2013年2月6日
  • 海外組の融合を進めるオシム
    エコパスタジアム(静岡) 2007年6月1日
  • アウェーで4発快勝 最終予選進出が決定
    ドゥシャンベ(タジキスタン) 2011年11月11日

日本代表 試合リスト