日本代表 アジアカップ4度目の戴冠!

アジアカップ2011決勝 オーストラリア-日本

ドーハ(カタール) 2011年1月29日

AUSTRALIA vs JAPAN

0 - 1

得点: 李

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2011年1月29日

アジアカップ2011決勝を前に緊急事態発生! 松井に続きエース香川も戦線離脱

アジアカップ2011決勝 オーストラリア-日本 スタメンアジアカップ2011決勝進出が決定した韓国戦の翌日、日本とドイツに衝撃が走った。ドルトムントに所属しブンデスリーガ前半戦のMVPにしてアジアカップでも2得点を決めている香川が骨折だというのだ。

松井に続く攻撃的タレントの故障を受けて、決勝のスタメンには藤本が抜擢された。
しかし、自ら前に仕掛けていく香川や松井に対して、藤本はどちらかというとパサー・タイプ。レギュラー組との連携に不慣れなエクスキューズはあったものの、前半はこの藤本が攻守に渡って存在感0で全くフィットせず。簡単に内田との間のスペースを使われ、アーリークロスを上げられる結果となってしまった。

オーストラリアの戦術はシンプル。
アーリークロスを前線の”天敵”ケーヒルにぶつけ、それを拾ったキューエルの個人技でゴールに迫る、というものだ。実際攻撃の最終段階はこの2人だけで形成されろことが多く、3人目の動きが絡むことはほとんど無い。
ここまでわずか1失点の守備も含め、屈強なフィジカルを活かした大味なサッカーだと言えるだろう。

対する日本はテンポ良いパスワークで敵ディフェンスを揺さぶり、スイッチが入った途端に3人目の動きを絡めて崩していくモダンな戦術。
特に左サイドでの本田、岡崎、長友のコンビネーションは、屈辱にまみれた五輪代表からの付き合いということもあって、もはや熟成の粋。
逆に物足りないのが前述の藤本、内田の右サイド。藤本については戸惑いながらプレーしているようにも映った。
決勝らしい息詰まる展開の中、オーストラリアが押し気味にゲームを進めるも川島の好セーブや雑なフィニッシュに助けられ0-0で前半を終了。

1回の選手交代で攻撃と守備を強化 采配の妙を見せるザッケローニ監督

後半に入るとベンチが忙しくなる。
再三、岩政投入の動きを見せるが、交代は今野なのか?
と、思われた矢先の後半11分、藤本OUT→岩政IN。
攻撃的MFを下げてDFを投入なのだから普通はディフェンシブになると思われるが、そうとも限らないのがサッカーの面白いところ。
岩政は最終ラインに入り吉田とともにオーストラリアのアーリークロスに高さで対抗、押し出される形で今野が左サイドバックにスライド、それに伴い長友が上目に上がり、そこに居た岡崎が今大会中親しんだ右サイドに移った。
アジアカップ2011決勝 オーストラリア-日本 フォーメーション
内田が若干前目なので3バックと4バックの中間のような布陣だ。
右は岡崎の配置転換で攻守共に活性化し、左も守備の安定を狙ったナイスな采配だ。
この選手交代でリズムをつかみ出した日本だが、オーストラリアも右サイドの選手をエマートンに代えて守備強化を図る日本の左サイドに対抗。
ベンチワークの妙もありお互いに惜しい場面を作りつつ、得点が奪えないまま時間が過ぎる。
DFの連携ミスからキューウェルが抜け出しGK川島と1対1に迫った最大のピンチも、川島が我慢してシュートを右足でブロック。事なきを得た。

アジアカップ2011決勝 オーストラリア-日本 川島

90分が終了。

準々決勝に続き、又もや延長戦突入だ。

延長前半8分。前田OUT→李IN。
押し込まれる展開が続く中、前線にフレッシュな選手を投入して走り回らせようということだろうか。
前半終了間際にはエマートンがこぼれ球を拾い決定的なシュート!と思われたが利き足で無い方の左足だった為コントロールの精度を欠きゴール外にはずれる。このようなシーンを含めオーストラリアのフィニッシュの荒さにも再三助けられている。
直後に左サイドを破った長友からのパスを中央で本田がダイレクトで合わせたが、惜しくも枠をはずした。
フィジカルで一本調子なオーストラリアに対し、多彩な連携を見せる日本。サッカーの質なら圧倒しているのだが・・・

と、そのままエンドが変わり、いよいよ最後の15分へ。
先程までの良いリズムに乗った日本。長友が得意のフェイントでDFを置き去りにし、深くえぐって鋭いクロス。すると何故か中央でどフリーとなっていた李が鮮やかに左足ボレー。ジャストミートしたボールがオーストラリアゴールに突き刺さる!
延長後半4分。日本先制!

アジアカップ2011決勝 オーストラリア-日本 李

直後、運動量の落ちたケーヒルがOUT。ようやくこの天敵を引きずり降ろした日本。
後はベタ引きにならないよう、韓国戦の教訓を活かして欲しいところだ。
後半8分には直接FKを得て遠藤がゴール枠右上に鋭いシュートを放つも、オーストラリアGKが余裕でキャッチ。カベの作り方、読み、キャッチング、とさすがここまで1失点だった所を見せる。
しかし、もはやキューエルもケーヒルも去ったオーストラリアには怖さは無い。
日本が落ち着いてゲームを終わらせる。

1-0。日本が優勝だ。

アジアカップ2011決勝 オーストラリア-日本

アジアカップ優勝で得たもの

本田は真っ先にザックに駆け寄り抱擁!
韓国とのPK戦で、ゲーム中にはずしたにもかかわらず一人目のキッカーに指名し信頼を示してくれたザックに感謝を表す。本田は大会MVPも獲得、チーム・個人ともにアジアの頂点に立った。

ザックも日本代表監督就任後初の国際大会で優勝という名とともに、大会中の様々な局面での采配を通じて本田をはじめ選手達との信頼関係という実を得た。
ワールドカップ2014年ブラジル大会を目指す今後のチーム作りにおいて、強固なベースが形成されたことは間違いない。

アジア最多となる4回目のアジアカップ優勝を誇らしげにアピールした、胸に4つの星をあしらったユニフォームがチーム全員に配られ、式典へ。
これで日本は、2013年のコンフェデレーションズカップ出場権も獲得。2014年ワールドカップに向けた強化にとって、これは重要だ。

そして、ドラマに富んだ今大会通じてまとまりを見せた若いチームは一旦解散。
次の公式戦は7月にアルゼンチンで開催される南米選手権への招待出場。
しばしの休息を挟み、ここに向けてそれぞれの日常へ戦場を移すことになる。国内組はJの開幕に向けチームのキャンプへ、海外組はリーグ戦へ、ケガと戦わなければならない選手達も居る。
しかしそんな歓喜を横目に既にヒリヒリした戦いに身を投じているものも居る。
ケガで代表合流を断念した槙野がケルンでブンデスリーガ・デビュー。
オランダリーグのフィテッセに移籍した安田もアシストを記録。
彼らや、ガンバ大阪の宇佐美、横浜Fマリノスの小野などさらに若い世代も融合し日本代表は変貌を遂げていくだろう。
だが、どんな窮地に陥っても今大会で得た経験は必ずや大きな糧となって彼らの前進を後押しするはずだ。

それにしても又してもザック。
途中交代で投入した選手がことごとくゴールを決めている。
一番”持っている”のはこの人だったのかも・・・・

アジアカップ2011決勝 オーストラリア-日本

  • 舞い踊る雪とゴール W杯予選開幕!
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年2月6日
  • 本田、悪魔のブレ球FKでデンマーク撃沈!
    ルステンブルク(南ア)  2010年6月24日
  • ホームで難敵オマーンを撃破!
    日産スタジアム(横浜) 2008年6月2日
  • 神様との対決
    埼玉スタジアム(埼玉) 2012年9月11日
  • 薄氷の勝利!見えてきた可能性
    ソウル(韓国) 2013年7月28日
  • ザック 迷える采配もワールドカップ王手!
    マスカット・オマーン 2012年11月14日
  • 極東ダービー 宿敵韓国戦
    ソウルW杯競技場(韓国) 2010年10月12日
  • アウェーで王国に完敗!
    ブラジリア(ブラジル) 2013年6月15日
  • ワールドカップ予選に向け新布陣をテスト
    豊田スタジアム(愛知) 2008年5月24日
  • 大久保が覚醒!代表初ゴール
    長居スタジアム(大阪) 2007年10月17日
  • ストライカー 岡崎覚醒 本田も代表初得点
    長居スタジアム(大阪) 2009年5月27日
  • アジアならではのアウェー戦 重慶の笛
    中国・重慶 2008年2月22日
  • またも低調 大丈夫か?日本代表
    ベラルーシ 2013年10月15日
  • 内田の代表初得点 バーレーンを沈める
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年6月22日
  • モチベーションの差
    平壌(北朝鮮) 2011年11月15日

日本代表 試合リスト