ベトナムに順当勝利 グループBを1位通過

アジアカップ2007 日本-ベトナム

ハノイ 2007年7月16日

JAPAN vs VIETNAM

4 - 1

得点:巻2、遠藤、中村俊

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2007年7月16日

前戦同様のスタメン 固まりつつあるオシムのファーストチョイス

アジアカップ グループリーグ第3戦。

気温なんと37℃で湿度50%!の17:20にキックオフ。スタメンはUAE戦同様。
序盤、全員が自陣で引いて守るベトナムに対して日本はボール を回させられているかのような状態から時折ボールを奪われ、素早いカウンターを浴びる展開。そして一連のカウンターからCKとなり、クリアに向かった鈴木 の背中に当たったボールがオウン・ゴールとなってベトナムが先制。(記録はベトナム選手のゴール)
その後すぐ、俊輔の上手い切りかえしから巻が胸で決めて同点。

遠藤のFKもあり前半を2-1で折り返す。


後半も似たような展開が続く中、ポンポンとパスを繋いで最後は俊輔が”右足”でゴール。その後巻のヘッドでの2点目もあり、俊輔⇒羽生、遠藤⇒水野、巻⇒佐藤と交代しそのまま終了した。

待たれるリーダー出現

この試合フィジカルは明らかに日本が上だったので、もっと簡単にクロスを放り込んでも良かったと思うんだが、どうでしょう?
確かにペナルティ・エリアは敵DFでひしめいているし、暑い時はパスを回すのがセオリーなんだろうが、時にセオリーを逸脱したプレーが求められるのもサッカーという競技の特徴だと思う。そのあたりのメリハリというか切りかえがまだ覚束無いのがこのチームの現状だ。

経験豊富な俊輔、高原あたりにリードしてもらいたいところだが・・・
大会中にキャプテンシーを発揮する選手は現れるんだろうか?
ちなみにこの3試合のキャプテンは川口だ。本当はフィールドの中央の選手にがんばってほしいけどな。

とにかくこれでグループは1位通過。
トーナメントはグループAの2位と対戦だ。

  • 120分の死闘! ライバルと最高の舞台で
    ドーハ(カタール) 2011年1月25日
  • 憲剛システムに手応えあり
    国立競技場(東京) 2009年5月31日
  • カミカゼシステムをテスト
    埼玉スタジアム(埼玉) 2007年6月5日
  • ワールドカップ壮行試合
    埼玉スタジアム(埼玉) 2014年5月27日
  • ダブルファンタジスタをテスト
    埼玉スタジアム(埼玉) 2008年5月27日
  • 日本代表 アジアカップ4度目の戴冠!
    ドーハ(カタール) 2011年1月29日
  • 海外組の融合を進めるオシム
    エコパスタジアム(静岡) 2007年6月1日
  • 敵はオーストラリアとレフェリー
    ブリスベン(オーストラリア) 2012年6月12日
  • 本田、悪魔のブレ球FKでデンマーク撃沈!
    ルステンブルク(南ア)  2010年6月24日
  • 岡崎ハットトリック 前田も2得点!
    ドーハ(カタール) 2011年1月17日
  • ザック・ジャパン最終戦
    クイアバ(ブラジル)2014年6月24日
  • 2013年初戦を快勝!
    ホームズスタジアム(神戸) 2013年2月6日
  • オシムの遠大な野望
    横浜国際競技場(横浜) 2007年3月24日
  • 支配するも オーストラリアの壁を破れず
    横浜国際総合競技場(横浜) 2009年2月11日
  • 極東ダービー 宿敵韓国戦
    ソウルW杯競技場(韓国) 2010年10月12日

日本代表 試合リスト