アジアカップ開幕!東南アジアの熱波

アジアカップ2007 日本-カタール

ハノイ 2007年7月9日

JAPAN vs QATAR

1 - 1

得点:高原

青い悪夢
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2007年7月9日

フォーメーション 未だ固定せず

史上初めて複数国(タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシアの4カ国)の共同開催となるAFCアジアカップ2007が開幕。
グループBに属する日本の初戦はカタール。

まず、動きが少ないコンダクター・タイプの俊輔と遠藤。この2人を2列目で並べた意図が不明。
このシステムで俊輔を使うなら真ん中で、右には佐藤か水野だろう。もしくは右に俊輔で真ん中は羽生だ。
オシムとしては羽生を後半の活性化要員として使いたいだろうから、となるとやっぱり前者か。

つまり、遠藤いらんっつうことだ。
実際、捌くだけでスペースに抜けるでもなく仕掛けてシュート打つでもなく、という3列目的な仕事に終始していて怖さが全然無かった。これはオシムのミス・チョイスだ。
それと阿部。個人的にはすごく好きな選手なんだが、同点ゴールとなったFKを与えたプレーは軽率だった。

JリーグではOKなのかもしれないが、ちょっと軽すぎたな。こうした国際試合での経験をもっと積んで将来活かして欲しい。
今野は駒野のケガで急遽回ってきた役割を無難にこなすばかりか、右足アウトサイドのラストパスは素晴らしかった。このまま精進して2010年も頼む。

しかしまぁー何と言うか覇気の感じられないゲームだった。
キック・オフの現地時刻17時過ぎ時点で気温34℃湿度70%超は過酷な条件だとは思うが、それは相手も同じ事。いかなる条件でも臨機応変にピッチ上の選手だけで対応するのがサッカーというゲームだ。そしてその中心となるべき選手が見当たらなかったのがこのゲームの全てだ。
今となっては、孤立しながらも、又自ら嫌われ役となってもそのポジションに居ようとした中田英の存在が非常に重く感じられるなー。
今後もそういった選手が登場しないようなら、来年から始まる2010年W杯予選も危ないな。

  • ベトナムに順当勝利 グループBを1位通過
    ハノイ 2007年7月16日
  • カミカゼシステムをテスト
    埼玉スタジアム(埼玉) 2007年6月5日
  • 岡崎、魂の超低空ヘッドでドロー!
    タシケント 2011年9月6日
  • アウェーで4発快勝 最終予選進出が決定
    ドゥシャンベ(タジキスタン) 2011年11月11日
  • またもバーレーン! 最終予選が開幕
    バーレーン・マナマ 2008年9月6日
  • ストライカー 岡崎覚醒 本田も代表初得点
    長居スタジアム(大阪) 2009年5月27日
  • ワールドカップ壮行試合
    埼玉スタジアム(埼玉) 2014年5月27日
  • 岡崎ハットトリック 前田も2得点!
    ドーハ(カタール) 2011年1月17日
  • 攻守で弱さを露呈 W杯決定持ち越し
    アンマン 2013年3月26日
  • サッカー王国のファンを魅了も敗戦
    レシフェ(ブラジル) 2013年6月19日
  • 極東ダービー 宿敵韓国戦
    ソウルW杯競技場(韓国) 2010年10月12日
  • 気温38度! 灼熱のドロー
    マスカット・オマーン 2008年6月7日
  • 韓国とドロー 東アジア選手権優勝ならず
    中国・重慶 2008年2月23日
  • 格下相手に快勝
    大阪(日本) 2013年9月6日
  • ザック・ジャパン最終戦
    クイアバ(ブラジル)2014年6月24日

日本代表 試合リスト